ホーム » 生活・健康

生活・健康

2019年04月27日

「“がん”になっても長生きする人」の食事と運動

大津秀一(早期緩和ケア大津秀一クリニック院長)

「“がん”になっても長生きする人」の食事と運動

大津秀一(早期緩和ケア大津秀一クリニック院長)

2,000人の終末期患者を診察した医師の大津秀一氏は「がんになってから」長生きする人を多く見てきた。食いを残さない人生を送るために、大津氏が進める「食事と運動」とは?

2019年04月26日

年齢を重ねて代謝が衰えると、体重が増加しがち。でも、ダイエットをして急に痩せただけではリバウンドのおそれも。ダイエットの専門家が「腹ペタスープ」でのダイエットを提唱します。

2019年04月15日

医者の家族は「抗がん剤」治療を受けるのか? 医師が明かした実際

長尾和宏(医学博士、医療法人裕和会理事長)

医者の家族は「抗がん剤」治療を受けるのか? 医師が明かした実際

長尾和宏(医学博士、医療法人裕和会理事長)

「抗がん剤」は様々なイメージを抱かれ、巷間にはその情報が溢れている。町医者として多くのケースに立ち会った長尾和宏氏が「抗がん剤」の実際のところを語る。

2019年04月12日

がんなった途端に、病院や医師が信用できなくなる。信頼できずに法外なサプリメントや民間療法に頼り、法外な対価を求められる。求めらるのは「正しいリテラシー」だと大場医師は語る。

2019年03月28日

リーダーに必要なのは「怒り」を管理するスキルだ

安藤俊介(日本アンガーマネジメント協会代表理事)

リーダーに必要なのは「怒り」を管理するスキルだ

安藤俊介(日本アンガーマネジメント協会代表理事)

伝染する「怒り」にいかに対処するか。日本アンガーマネジメント協会代表理事を務める安藤俊介氏が、現代のリーダーに求められる、「怒り」をコントロールするスキルを伝授。

2019年03月27日

怒りをコントロールするアンガーマネジメントの極意

安藤俊介(日本アンガーマネジメント協会代表理事)

怒りをコントロールするアンガーマネジメントの極意

安藤俊介(日本アンガーマネジメント協会代表理事)

情報過多の時代、日本アンガーマネジメント協会代表理事を務める安藤俊介氏が、自らの感情を整えるアンガーマネジメントの極意を伝授。

2019年03月21日

揉んでも治らない肩こり・腰痛でも「正しく歩く」だけで改善する!

山﨑美歩呼(日本姿勢改善ウォーキング協会代表理事)

揉んでも治らない肩こり・腰痛でも「正しく歩く」だけで改善する!

山﨑美歩呼(日本姿勢改善ウォーキング協会代表理事)

肩こりや腰痛に悩まされているビジネスパーソンは多いが、ウォーキングの専門家である山﨑美歩呼氏は、「正しく歩くだけで改善できる」と話す。「正しく歩く」とは?

2019年02月08日

日曜日のよるに訪れる不安さ、うつっぽさ。この原因には睡眠が関係あるかもしれない。自身も「サザエさん症候群」に悩まされた医師が、自律神経を整えるシンプルな方法を伝える。

2019年02月05日

「寝ても寝ても疲れが取れない」。こんな症状に悩まされている方は、運動不足が睡眠の質を悪化させている可能性があります。自律神経の名医が実践する、睡眠の質を改善させる方法とは?

2019年01月31日

睡眠は「時間」より「質」である、と語る自律神経の名医として知られる順天堂大学の小林弘幸教授。さらには「寝だめ」も逆効果だと指摘する。その理由を語る。

2019年01月28日

後悔の感情があふれだして、苦悶する経験は誰しもあるだろう。しかし、後悔の念は年齢を重ねるほどに心身に悪影響を与える。その「後悔」をコントロールする方法を示す。

2019年01月24日

立つ姿勢はいいのに、実は座ると姿勢が崩れる「かくれ猫背」。通常の猫背よりもその悪影響を受けやすく、さまざまな症状を引き起こす可能性がある。その危険性を小林弘幸医師が指摘する。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康

×