ホーム » 政治

政治

2019年03月06日

日本がIWC(国際捕鯨委員会)を脱退した背景には、反捕鯨国による執拗なプロパガンダが存在した。『ビハインド・ザ・コーヴ 』で話題を呼んだ映画監督・八木景子氏が語る、反捕鯨プロパガンダとの戦い方とは。

2019年03月06日

拡大する韓国の武器輸出 日本が国益のために「取るべき行動」

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)

拡大する韓国の武器輸出 日本が国益のために「取るべき行動」

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)

韓国が中長期的に日本の脅威にならないために、韓国における防衛産業の成長を阻害すべき――。気鋭の政治アナリスト・渡瀬裕哉氏による大胆な提言。

2019年03月05日

なぜ日本政府はIWC(国際捕鯨委員会)を脱退したのか。そこには国際機関として杜撰なIWCの体たらくがあった。さらに反捕鯨国の米国は、いまでも大量の鯨を“殺し続けている”という。『ビハインド・ザ・コーヴ』で話題を呼んだ映画監督の八木景子氏が、反捕鯨国の実態を語る。

2019年03月04日

韓国が日本政府を侮辱し続けても、止められない「ごね得」

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)

韓国が日本政府を侮辱し続けても、止められない「ごね得」

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)

レーダー照射問題や元徴用工を巡る問題で日韓関係が悪化の一途を辿るなか、日本人は「正義は勝つ」という勘違いに陥っている。気鋭の政治アナリスト・渡瀬裕哉氏が見る、日韓関係の未来とは。

2018年10月30日

米中激突、トランプは第二のレーガンになる?(石平&福島香織)

石平(評論家)&福島香織(ジャーナリスト)

米中激突、トランプは第二のレーガンになる?(石平&福島香織)

石平(評論家)&福島香織(ジャーナリスト)

米中貿易戦争の激化に国内からの批判など、習近平政権が窮地に立たされているなか、トランプ大統領は思わぬ形で「第二のレーガン」をめざしていた。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 政治

×