政治

2021年05月31日

米国の左翼学生には、かつての左翼思想家の書物を読んだ形跡がない。彼らに確固とした思想的支柱があるとは思えないが、フランクフルト学派と呼ばれる亜種共産主義思想に侵されている。

2021年05月29日

いまも覚えているウイグル族の踊り子の言葉…中国留学で受けた衝撃

安田峰俊(ルポライター)&ハリー杉山(タレント)

いまも覚えているウイグル族の踊り子の言葉…中国留学で受けた衝撃

安田峰俊(ルポライター)&ハリー杉山(タレント)

タレントとして活躍中のハリー杉山氏は、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏を実父にもち、1年間中国に留学した経験をもつ。新刊『中国vs.世界』(PHP新書)など中国に関する著作を多く発表している安田峰俊氏と、当時の思い出などを語っていただいた。

2021年05月28日

今年3月、東京都が時短要請をするなかで厚生労働省職員23人で深夜まで行われた会食。元厚生労働省官僚の千正康裕氏によれば、こうした不祥事は厚労省に染み付いた"内向き思考"によるものだという。

2021年05月27日

コソヴォ独立を認めない強権国家・セルビアは近年中国との関係を強化している。ルポライター・安田峰俊氏はこの急接近の理由として、ある共通点を指摘している。

2021年05月26日

ペンキで白黒柄に塗られた馬はもういない…20年で消えた中国の「B級感」

安田峰俊(ルポライター)&ハリー杉山(タレント)

ペンキで白黒柄に塗られた馬はもういない…20年で消えた中国の「B級感」

安田峰俊(ルポライター)&ハリー杉山(タレント)

この20年間、中国は何が変わり、何が残っているのか――。新刊『中国vs.世界』が話題を呼んでいる中国ルポライターの安田峰俊氏と、学生時代には北京師範大学にも留学したタレント・ハリー杉山氏の特別対談。

2021年05月25日

移民大国・カナダで中国人系の国会議員が増え、さながら「中国VS.民主主義」の最前線と化している。現地に詳しいルポライター・安田峰俊氏が寛容な民主主義国家の今を解説する。

2021年05月25日

新型コロナウイルスの対応、パワハラ問題、官僚の長時間労働――。いくつもの不祥事を抱えているかのように見える"厚生労働省"で、一体何が起きているのか。

2021年05月11日

現在、アメリカと、中国・ロシアの「新冷戦」が鮮明になりつつある。ウクライナ人の国際政治学者グレンコ・アンドリー氏が、新冷戦下で求められる日本の役割について語った。

2021年05月07日

現在、アメリカと、中国・ロシアの「新冷戦」が鮮明になりつつある。そのはざまにある日本は「世界最強の軍事同盟」に何を学ぶべきか。日本を愛するウクライナ人の国際政治学者が記す覚醒のメッセージ。

2021年05月03日

米中の対立が激化する中で、ボン大学教授マルクス・ガブリエル氏は「人類が団結」すべきだと主張し、世界が分断している原因はアメリカにあると語る。

2021年04月28日

世界各国が脱炭素社会への取り組みを進める中で、現在日本政府は再生可能エネルギーを推進している。経産省で再生エネルギーを担当した経験を持つ石川和男氏は日本のエネルギー政策において「国産エネルギー」の重要性を訴えている。

2021年04月22日

GHQによる戦後日本の経済民主化は「経済弱体化」だった

田中秀臣(上武大学ビジネス情報学部教授)

GHQによる戦後日本の経済民主化は「経済弱体化」だった

田中秀臣(上武大学ビジネス情報学部教授)

GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による日本の「経済民主化」は、増税をはじめ今日まで続く緊縮財政策の起源の一つ、すなわち「経済弱体化」だったと田中秀臣氏は言う。

2021年04月01日

「世界で一番影響力のある女性」アンゲラ・メルケル首相。だがドイツではいま、言論の自由が失われつつあるという。彼女が無名だった東西ドイツ時代の状況から、その政治的本質を浮かび上がらせる。

2021年03月31日

「世界で一番影響力のある女性」アンゲラ・メルケル首相。だがドイツではいま、言論の自由が失われつつあるという。彼女が無名だった東西ドイツ時代の状況から、その政治的本質を浮かび上がらせる。

2021年03月15日

意見が違うだけで「売国奴」と罵るユーザー…河野太郎が考えるSNS時代の“礼節”

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

意見が違うだけで「売国奴」と罵るユーザー…河野太郎が考えるSNS時代の“礼節”

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

今や政治家でさえもSNSを重要視している。SNSが影響力を持っているからこそ、社会をより良くしていく上で、我々は今一度SNSとの向き合い方を考える必要があるだろう。

2021年03月12日

「長時間労働を強いられる官僚」を縛り付ける“昭和のシステム”

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

「長時間労働を強いられる官僚」を縛り付ける“昭和のシステム”

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

新型コロナ禍でのワクチン開発を通して、改めてデータの適切な活用が重要であることが示された。デジタル化が遅れている日本は今後どのように対応していくべきなのだろうか。

2021年03月10日

「OECD最下位の日本」も…デジタル化の周回遅れを取り戻すチャンスが来た

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

「OECD最下位の日本」も…デジタル化の周回遅れを取り戻すチャンスが来た

河野太郎(行政改革担当大臣)&宮田裕章(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室教授)

デジタル化が進む現代において「情報の共有」が重要になっている。政府だけでは不足する情報も国同士や企業と手を組むことでお互いにメリットが生まれる。

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 政治

×