ホーム » 経済

経済

2018年11月16日

ドイツは製造業のデジタル化計画「インダストリー4.0」を進めている。日本でもIoTに向けた動きが見られるが、日本とドイツの違いはどこにあるのか。ドイツ在住のジャーナリストによるルポ。

2018年10月11日

「一帯一路」路線にヨーロッパ諸国が懸念を示し始め、アフリカ進出の強化へと方針を転換しつつある中国。すでに深くアフリカ諸国に入り込んだ中国に対して日本は…?

2018年09月18日

「投資レジェンド」が教える、株を買うべき会社の見分け方

藤野英人(レオス・キャピタルワークス〔株〕代表取締役社長)

「投資レジェンド」が教える、株を買うべき会社の見分け方

藤野英人(レオス・キャピタルワークス〔株〕代表取締役社長)

「ひふみ投信」でおなじみの投資レジェンドが教える、株を買っていい会社、買ってはいけない会社の見分け方

2018年08月15日

世界のビットコイン取引の90%以上を占めた中国。その中国は仮想通貨のマイニングの世界でも席巻している。その実態を『アフタービットコイン』著者の中島真志が語る。

2018年07月06日

「マンガでわかる」「マンガで読み解く」といったタイトルが増加を続けている。名作・名著から専門書、ビジネス書など様々な書籍のマンガ化が企画され、あらゆる出版社が参入。業界の状況に迫った。

2018年07月02日

ワイン市場では今、より高品質なものを求めるニーズが高まっているという。それを牽引するのが、「日本産」のワインだ。6月28日(木)に行なわれたメルシャン〔株〕の「シャトー・メルシャン」に関するプレス発表会では、新たな日本ワインのポートフォリオが発表された。

2018年06月27日

「AI時代」に生き残るため、今すぐすべきこととは?

<連載>「AI失業」前夜(最終回)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

「AI時代」に生き残るため、今すぐすべきこととは?

<連載>「AI失業」前夜(最終回)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

AIによって多くの仕事が失われていく未来。だが、今はAIに詳しくない人材でも、生き残ることは十分に可能だという。そのためにすべきこととは?

2018年06月25日

3年後に中国が日本の音楽市場を追い抜く。それは日本にとって好機でもある

山口哲一(エンターテック・エバンジェリスト/音楽プロデューサー)

3年後に中国が日本の音楽市場を追い抜く。それは日本にとって好機でもある

山口哲一(エンターテック・エバンジェリスト/音楽プロデューサー)

中国に音楽市場が"出現"し、日本市場を追い抜くまでにあと3年と言われる。既存の音源市場が縮小する中で、アジア市場を見据えた展開を今すぐ行えば日本に活路はある。

2018年06月23日

スマートスピーカーが「ペット」になる日が来る!?

<連載>「AI失業」前夜(5)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

スマートスピーカーが「ペット」になる日が来る!?

<連載>「AI失業」前夜(5)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

3月に発売されたソニーのペットロボット「aibo」。実はこの新型aiboの登場は、我々の生活を一変させるターニングポイントになるかもしれないという。

2018年06月21日

「自動運転への法規制」が、日本をAI後進国にする

<連載>「AI失業」前夜(4)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

「自動運転への法規制」が、日本をAI後進国にする

<連載>「AI失業」前夜(4)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

着々と実用化に向けて進む自動運転。だが、その対応次第で、日本は「AI後進国」への道をたどることになるかもしれない。それはなぜだろうか?

2018年06月19日

人工知能が仕事を奪う「Xデー」は2026年か?

<連載>「AI失業」前夜(3)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

人工知能が仕事を奪う「Xデー」は2026年か?

<連載>「AI失業」前夜(3)鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

「京」、アルファ碁……人工知能はすでに人間の脳の処理速度にほぼ達している。だが、人工知能が人々の仕事を奪うのはもう少し先になるという。その理由とは?

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済