経済

2020年10月26日

コロナ・ショックによって韓国経済の限界が露呈した。経済評論家の渡邉哲也氏によると、コロナ禍前から既に危険信号が灯っていた韓国の航空業界の「大破綻」は決定的だという。

2020年10月19日

新しいお札の顔「渋沢栄一」が導く未来

渡部清二(複眼経済塾・塾長)、エミン・ユルマズ(複眼経済塾・塾頭)

新しいお札の顔「渋沢栄一」が導く未来

渡部清二(複眼経済塾・塾長)、エミン・ユルマズ(複眼経済塾・塾頭)

今回の新型コロナによって、より安心で安全だという「ジャパン・クオリティ」が、あらためて見直されることになった。そして、これまで海外に流れていたヒト・モノ・カネが日本に戻ってくるという大きな波が生じている。2024年にデザインが新しくなる日本のお札は、まさにその象徴となるだろう。渋沢栄一を生んだ日本だからこそ、世界をリードしていける──。

2020年10月14日

企業にもよるが、50代に入ると、定年まであと10年を切ってくる人が多いだろう。気になってくるのが、老後資金だ。どう対策すればいいのかを、老後資金捻出のプロフェッショナル・水上克朗氏に教えてもらった。

2020年08月21日

インフレ耐性が高いとされる「不動産」だが、コロナショックの今、手を出すべきか否か。藤巻健史氏が不動産の未来を予測する。

2020年08月19日

コロナショックに備え「ドルを買え」と主張する藤巻健史氏。資産のすべてが日本円であることの危険性を指摘しつつ、同氏が注目する投資先を明かす。

2020年07月31日

自動車産業の凋落が予想されている一方でGAFAに続く企業はここから現れると、地下クイズ王であり経営戦略コンサルタントの鈴木貴博氏は語る。もちろん、日本のトヨタも例外ではない。

2020年07月07日

にわかに増えた新型コロナウイルスの感染者数。東京での増加からその波は全国に広がっているようにも。森永卓郎氏は「東京23区」の封鎖を強く主張する。

2020年07月06日

「なぜグレタさんはあんなに怒っているのだろう」グレタさんが演説している姿を見て疑問に思っている方は多いだろう。しかし、データから予測されている「5つの厄災」を知ると彼女の怒りを理解できる。

2020年07月03日

日本の会社員の「やる気」は世界各国と比較しても際立って低い…なぜそんな状況に陥ってしまったのか。その原因を探る。

2020年07月02日

長期的な視点で社員を育成したくとも、社員の企業への帰属意識が薄れ続ける環境でいか社員をつなぎとめるか。その重要な要素である「エンゲージメント」とは?

2020年06月30日

世界的な電気自動車の台頭により、自動車メーカーに暗雲が立ち込めている。もちろんトヨタも例外ではない。自動車業界が将来的に力を入れていく戦略として頭文字をとった『CASE』を考えると、トヨタのこれからが見えてくる。

2020年06月29日

新型コロナウイルス感染の脅威は、世界各国の経済活動に多大な影響を与えた。感染懸念が消滅しない限り、企業は既存のあり方では活動ができなくなった。その結果…?

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済

×