ホーム » 社会

社会

2020年11月05日

芥川賞作家・中村文則氏の新作『逃亡者』では、江戸時代から現代までの“迫害”や“人権”について史実に基づき描かれる。「リベラル」であろうとする同氏は、この混沌とした世界をどう見ているのか。

2020年11月03日

芥川賞作家・中村文則氏の新作『逃亡者』では、江戸時代から現代までの“迫害”や“人権”について史実に基づき描かれる。「リベラル」であろうとする同氏は、この混沌とした世界をどう見ているのか。

2020年11月02日

コロナ禍で在宅勤務やリモートワークが推奨され、「東京―地方」の格差は解消されるとの予見もある。しかし、一極集中の構造はコロナ禍だけで変えられるほど単純ではなかった――。

2020年10月30日

コロナ禍で在宅勤務やリモートワークが推奨され、「東京―地方」の格差は解消されるとの予見もある。しかし、戦後から続く「地域間再分配」制度は、メスの入れようのない根深さだった――。

2020年10月29日

将棋の世界にAIが進出して久しい。羽生善治氏は、今後はAIを使いこなして創造力を発揮するような人たちが主流になるという。人々の「創造」の喜びは存在し続けるのか。我々は今“AIの壁”の前に立っている。

2020年10月28日

「すぐに不機嫌になる人」が心の奥底で恐れている"孤独感”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「すぐに不機嫌になる人」が心の奥底で恐れている"孤独感”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

人は成長の過程で、何度も葛藤と戦ううちに自分の長所、固有の素晴らしさに気づく。しかし、その葛藤を避けて人間関係のあらゆる場面で問題を起こす「メンヘラ」と呼ばれる人びとがいる。

2020年10月27日

将棋の世界にAIが進出して久しい。AIによって、かつて用いられていた“古い戦術”が蘇ったと、棋士・羽生善治氏は言う。AI化が加速する現代はどのように変質していくのか。我々は今“AIの壁”の前に立っている。

2020年10月17日

リーダーは独りよがりに仕事を進めるのではなく、自分の理想とするリーダー像を設定し、それを演じることで客観的に周囲の期待に応えながら仕事をすべきだという。

2020年10月16日

自身も一人の会社員という立場で数多くの会社員を取材し、働き方などについての執筆活動を行なってきた楠木新氏は、後悔のない人生を送るためには50代が重要だと話す。

2020年10月13日

聞く耳をもたなかった農家が振り向いた…「青森の誇り」に光を照らしたリンゴシードル

鎌田由美子(ONE・GLOCAL代表取締役/クリエイティブ・ディレクター)

聞く耳をもたなかった農家が振り向いた…「青森の誇り」に光を照らしたリンゴシードル

鎌田由美子(ONE・GLOCAL代表取締役/クリエイティブ・ディレクター)

駅構内のイメージを大きく変える「エキナカ」の開発を35歳で手がけ、その運営会社の社長も務めた鎌田氏。その後に訪れた人生の転機とは?

2020年10月12日

超高齢社会だからこそ、道路は特定財源に戻せ

石原伸晃(衆議院議員),河合雅司 (人口減少対策総合研究所 理事長)

超高齢社会だからこそ、道路は特定財源に戻せ

石原伸晃(衆議院議員),河合雅司 (人口減少対策総合研究所 理事長)

人口の急減が止まらない日本。将来の経済的な影響が懸念される中、この問題の第一人者である河合雅司氏と元高度交通大臣の石原伸晃氏が「未来」を語り合った。

2020年10月07日

最先端科学とテクノロジーが老化のメカニズムを解明する『LIFESPAN 老いなき世界』を、フライヤーCEOの大賀康史氏が紹介。健康寿命が延びた世界をどう生きるべきか。

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×