ホーム » 社会

社会

2019年11月05日

いわゆる就職氷河期に生み出された「氷河期世代」。ここにきて日本政府も就労支援に乗り出すなどの動きを見せているが、作家の平岡陽明氏は「もう遅い」と語りつつ、一作の小説を発表した。

2019年10月31日

トイレ事情を改善することで、世界を変えることを目指す社会起業家、ジャック・シム氏。各国と比較したうえで日本のトイレ文化は「最大の輸出資源」と語る。

2019年10月30日

「トイレは素晴らしい」と語るのは、ミスター・トイレことジャック・シム氏。世界のトイレ事情の改善を通して世界を変えることを目指している。その思いとは?

2019年10月18日

信玄堤を鉄壁にした武田信玄の「斬新なアイデア」

竹村公太郎(元国土交通省河川局長),養老孟司(解剖学者)

信玄堤を鉄壁にした武田信玄の「斬新なアイデア」

竹村公太郎(元国土交通省河川局長),養老孟司(解剖学者)

武田信玄が作った「信玄堤」が巨大台風による河川の氾濫を防いだとSNSを中心に話題となった。鉄壁の堤はいかにして作られたのか?

2019年10月18日

1790年に刊行され、フランス革命への大批判を展開。各国首脳から「悪書」と酷評された『フランス革命の省察』。現代に至り名著の呼び声も高い同書の一部を紹介する。

2019年10月17日

1789年に勃発し、市民革命の代表例として世界史にその名を刻んだ「フランス革命」。しかし直後の1790年に革命に対して大批判を展開し、各国首脳から酷評の嵐となった書があった。

2019年10月10日

世代間格差に苦しむ氷河期世代。日本の出生数が激減している要因としても指摘され、政府もその支援に乗り出した。同世代の作家が描いたロスジェネ世代のりあるとは?

2019年10月09日

「安請け合いしてほったらかす」究極のFtoF商法(ケニア2)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(47)石澤義裕(デザイナー)

「安請け合いしてほったらかす」究極のFtoF商法(ケニア2)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(47)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はケニア。

2019年10月09日

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

ブラック企業でも耐えた「氷河期世代」の悲痛な叫び

平岡陽明(ひらおかようめい:作家)

作家・平岡陽明氏の新作『ロス男』は、自身も属する氷河期世代=ロスジェネ世代を主人公とした小説。政府を上げて氷河期世代の支援も始まった情勢に対し、当事者は何を思うのか?

2019年09月26日

子供を海外留学させるためには、いくら用意すればいいのか?

早本吉宏(留学ジャーナル東京本店支店長)

子供を海外留学させるためには、いくら用意すればいいのか?

早本吉宏(留学ジャーナル東京本店支店長)

いったい、留学には、いくらかかるのだろうか? 1971年以来、留学のサポートを続けてきた実績を持つ留学ジャーナルの東京本店支店長・早本吉宏氏に教えてもらった。

2019年09月20日

日本に求めら得れているのは諜報能力だと予備校の世界史講師である茂木誠氏は指摘する。そして、かつての日本には海外から賞賛された「天才スパイ」がいたという。

2019年09月19日

この秋の10月22日、「即位礼正殿の儀」が行なわれ、皇位継承問題に関する有識者会議も開かれるなど、日本人があらためて皇室について考えるべき時期となっている。皇室の稀有なる歴史を、われわれはいかにして学び、再認識すべきなのか。

2019年09月19日

35人が犠牲になった京都アニメーション放火事件。京都在住の映画研究者である伊藤弘了氏は、京アニの代表作品『涼宮ハルヒの憂鬱』2期の「エンドレスエイト」というエピソードから、同社のアニメ制作へのこだわりを紹介する。

2019年09月18日

精神障害者を職場に迎え入れ、戦力として活躍してもらうためには、どうすればいいのか。全国で「就労継続支援A型事業所(以下、A型事業所)」の運営をはじめ、障害者の就労支援を行なうセルフ・エー〔株〕の代表取締役・大島公一氏に話を聞いた。

2019年09月17日

ルワンダ人に大金を貸したら、奇跡が起きた話(ケニア/ルワンダ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(46)石澤義裕(デザイナー)

ルワンダ人に大金を貸したら、奇跡が起きた話(ケニア/ルワンダ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(46)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はケニアとルワンダ。

2019年09月16日

35人が犠牲になった京都アニメーション放火事件。国内外で支援の動きが広がるなか、京都在住の映画研究者である伊藤弘了氏は、京アニ支援の動きが全国的に広まった背景には、作品と馴染みの深い「聖地巡礼」の文化がある、と指摘する。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会