ホーム » 社会

社会

2020年02月27日

「ドラえもんの実物をつくる」ことに本気で取り組んでいるAI研究者の大澤正彦氏。大澤氏は、AIについて人それぞれの印象を抱くといい、人によって説明を変えるのだという。

2020年02月27日

中国の巨大IT企業が作ったFlyZooHotel(菲住布渇酒店)。「いまだかつてない、未来の感覚を味わえる」と紹介されるこのホテルに、西谷格氏が潜入したが…

2020年02月27日

「銃を持つ権利は国民の自由の象徴」とも認識が強いアメリカ。一方で各地で銃乱射事件が起こるたびに銃規制議論が巻き起こるが、規制が実現することはなかった。なぜなのか?

2020年02月26日

中国滞在経験を活かして中国のリアルをレポートし続ける西谷格(にしたに・ただす)氏。今回は中国の食品衛生管理の現場に潜入した。

2020年02月22日

資本主義は「嘘」が存在するからこそ機能し、それゆえに「悪」の潜在性を持つ。著者は資本主義の危機を解決するために倫理資本主義を提唱している。

2020年02月21日

昨今、多様性に関する「炎上」案件は後を絶たない。多様性を受け入れない人も、多様性の一部として包摂すべきか?

2020年02月15日

世界の全人口を軽く凌駕するほどの殺傷力を、兵器の発展とともに人類は持ってしまった。しかし、現代にいたり兵器は殺傷能力とは違う目標に向かって進化している。

2020年02月13日

英国在住のブレイディみかこさんの著書『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が毎日出版文化賞、本屋大賞等の各賞に選出され注目を集めている。執筆の背景に迫った。

2020年02月06日

著者のバックパッカーデビューとなるアメリカ1ヶ月の旅、その旅の最終訪問地ラスベガスで緊急手術を受けることに。海外で病気になったらどうなるのか。その際の心境や状況を詳細に綴った。

2020年02月05日

現在テロ、サイバー攻撃など、戦争は様式を変えて領域を広げ続けている。戦争の歴史を振り返ると、常に技術革新が背景にあった。しかし、もはや技術は臨界点に達した様にみえる。これからの戦争は技術ではなく、概念に紐づいて考えると理解しやすい、と著者は主張する。

2020年01月29日

訪日中国人向けのガイドが圧倒的に不足しているという。ノンフィクションライターの⻄⾕格⽒が、自身の中国滞在経験を活かして一日体験ツアーガイドの様⼦を潜⼊レポート!

2020年01月28日

春節到来! 中国人観光客の爆増で横行する「無資格ガイド」

西谷格(にしたにただす:フリーライター)

春節到来! 中国人観光客の爆増で横行する「無資格ガイド」

西谷格(にしたにただす:フリーライター)

新型コロナウイルスの影響も懸念されるなかでも、続々と日本を訪れる中国人観光客。しかし彼らに向けた観光ガイドは不足しているという。その問題に西谷格氏が潜入調査。

2019年12月30日

なぜポケモン全種類を大人になっても言えるのか? 最新技術が発見した“脳のポケモン野”

茨木拓也(NTTデータ経営研究所ニューロイノベーションユニットアソシエイトパートナー)

なぜポケモン全種類を大人になっても言えるのか? 最新技術が発見した“脳のポケモン野”

茨木拓也(NTTデータ経営研究所ニューロイノベーションユニットアソシエイトパートナー)

脳の情報を取り出す技術がある…? 驚きの先端技t術「ブレイン・デコーディング」は見えている夢まで解析でき、そしてポケモンが記憶されている領域まで特定してしまうという。

2019年12月26日

「宿題もテストも廃止」など学校教育のこれまでのあり方に対して様々な改革を行っていることで知られる、区立麹町中学校の工藤勇一校長。「叱る」ことの難しさを語る。

2019年12月18日

「日本のバブル期そっくり」だった中国の銀行 本当に“健全”なのか?

柴田聡(金融庁総合政策局総務課長兼中国カントリーディレクター)

「日本のバブル期そっくり」だった中国の銀行 本当に“健全”なのか?

柴田聡(金融庁総合政策局総務課長兼中国カントリーディレクター)

急成長を遂げた中国の銀行市場。柴田聡氏は、日中協力の必要性を説きつつ、そのためにはリスクも正しく認識する必要がある、と語る。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×