ホーム » 社会

社会

2019年07月16日

著書『何者』で直木賞を受賞し、人間関係や生き方にもがく若者を描いてきた朝井リョウ氏。近著『死にがいを求めて生きているの』では「対立」をテーマに、対極的な2人の登場人物から平成という時代を浮き彫りにする。著者自身が生きてきた平成をどうみるのか聞いた。

2019年07月10日

著書『何者』で直木賞を受賞し、人間関係や生き方にもがく若者を描いてきた朝井リョウ氏。近著『死にがいを求めて生きているの』では「対立」をテーマに、対極的な2人の登場人物から平成という時代を浮き彫りにする。著者自身が生きてきた平成をどうみるのか聞いた。

2019年06月28日

中国当局によるウイグル人への統制は日本にいる留学生にも及んでいると福島香織氏は語る。祖国に残る両親が人質とされ苦境に立たされている現状を伝える。

2019年06月27日

特定秘密保護法の成立によって、その権限が拡大した官邸直轄スパイ機関「内閣情報調査室」。謎につつまれたその実態に今井良氏が迫る。

2019年06月20日

ジャーナリストの福島香織氏がウイグルで現地警察に拘束された2013年。その後も中国によるウイグルの統制はより苛烈なものになっている。中国は何を怖れているのか?

2019年06月14日

平均年齢60歳、タクシードライバーが抱える“難題”

伊藤安海(山梨大学大学院総合研究部教授)

平均年齢60歳、タクシードライバーが抱える“難題”

伊藤安海(山梨大学大学院総合研究部教授)

高齢ドライバーの免許返納をいかに進めるのか、高齢者のみならずすべてのドライバーが気をつけるべきことは何か。山梨大学大学院総合研究部教授で交通事故に関する問題に詳しい伊藤安海氏による提言。

2019年06月13日

「高齢ドライバー対策」では事故が減らせない“根拠”

伊藤安海(山梨大学大学院総合研究部教授)

「高齢ドライバー対策」では事故が減らせない“根拠”

伊藤安海(山梨大学大学院総合研究部教授)

高齢者のドライバーによる事故が頻繁に報道されている。山梨大学教授で運転事故問題に詳しい伊藤安海氏は、「“高齢ドライバー問題”というものが本当に存在するのかを考えてみる必要がある」と指摘する。どういうことなのか。報道されない交通事故の“真実”とは。

2019年06月06日

SPI開発者の「26年前の本」が再び脚光を浴びる理由

大沢武志(元リクルート専務取締役)

SPI開発者の「26年前の本」が再び脚光を浴びる理由

大沢武志(元リクルート専務取締役)

1993年に刊行された『心理学的経営』が復刊され、脚光を浴びている。リクルート創業者の江副浩正氏の下で同社の組織文化を形成した大沢武志氏の「人材マネジメント論」とは?

2019年06月06日

コンピュータの知能が人類を凌駕すると言われる2045年。その時に人はコンピュータの教えと指示に従って動くようになる。欧米で議論が沸騰する「シミュレーション社会」とは?

2019年06月04日

「夫の育休から復帰2日後に転勤辞令」というツイートが注目を集めるなか、中野円佳氏が緊急寄稿。根幹にある日本企業の制度の問題を鋭く指摘する。

2019年05月20日

学ばなくとも会社員であることが許され、人柄だけで生き残れた時代は終焉を迎えた。今、企業は採用時に学生のどこを見ているのか? 社会学者の鈴木謙介氏が語る。

2019年05月18日

東京五輪で予想される日本へのサイバー攻撃増加。自分の身を守るためには?

大野暉(サイバーセキュリティクラウド代表取締役)

東京五輪で予想される日本へのサイバー攻撃増加。自分の身を守るためには?

大野暉(サイバーセキュリティクラウド代表取締役)

来年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博と、日本では世界的なビッグイベントが立て続けに予定されている。それに伴って増加が予想されているのが、日本へのサイバー攻撃だ。その被害に遭わないためには、どうすればいいのか。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×