ホーム » 社会

社会

2019年08月23日

バブル崩壊の“後始末”を担ったトッカイの男たち

清武英利(ノンフィクション作家)

バブル崩壊の“後始末”を担ったトッカイの男たち

清武英利(ノンフィクション作家)

バブル崩壊後、金融機関の破綻が相次いだ裏では、破綻処理や債権回収に挑んだ名もなき男たちがいた。清武英利氏が新聞記者、ノンフィクション作家としてのキャリアをかけて、「抵抗する人」の苦悩や生き様をくみ取った。

2019年08月23日

ロシアは元々、巨大な帝国であった。歴史的に、民主主義を根付かせることができず、皇帝による専制支配が続いた。そしてロシアは今なお、そのDNAを受け継いでいる。

2019年08月14日

その成長が注目される企業「佰食屋」。入社希望者が後をたたないが、代表の中村朱美さんはロスジェネ(氷河期)世代を積極採用しているという。その真意とは?

2019年08月12日

令和の日本に急務な医療・介護産業の構造改革

猪瀬直樹(作家・元東京都知事、大阪府・大阪市特別顧問)

令和の日本に急務な医療・介護産業の構造改革

猪瀬直樹(作家・元東京都知事、大阪府・大阪市特別顧問)

団塊世代が後期高齢者となる2025年には、さらに膨らむ国民医療費と介護費。人生100年時代の後半を託すほかない医療・介護産業は、いまだ不透明な部分が多い産業であると同時に、成長産業でもある──道路公団を民営化した猪瀬直樹氏が語る、令和の日本に急務な構造改革とは。

2019年08月05日

混迷の日韓関係、日本政府が行なった“手痛い悪手”

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)

混迷の日韓関係、日本政府が行なった“手痛い悪手”

渡瀬裕哉(パシフィック・アライアンス総研所長)

日韓関係が亀裂を深めている。日本政府は安全保障の観点から、韓国の「ホワイト国」除外を決めた。気鋭の政治アナリストでパシフィック・アライアンス総研所長の渡瀬裕哉氏は、安倍政権の決定を支持しながらも、その“手痛い悪手”を指摘。日本が真にとるべき道を提言する。

2019年07月30日

"NHKをぶっ壊す"を掲げ参院選で議席を獲得した「N国党」が波紋を呼んでいるなか、改めて考えるべき公共放送としてのNHKの役割とは? 堤未果氏が提言する。

2019年07月19日

親の過保護・過干渉が子どもを追い込み、生命の危機にすら瀕する……。それでも「自分は悪くない」と主張する母親の心理を精神科医の片田珠美氏が解説する。

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会