ホーム » 社会

社会

2018年12月05日

真珠湾攻撃は敵戦艦に大打撃を与え、日本の志気を高めた。しかし反面、アメリカの参戦気運をあおる結果となり、作戦の是否は今なお、議論されている。「海軍反省会」においても、当時の海軍中堅幹部たちは、複雑な心中を吐露している。

2018年12月05日

日本の近隣諸国のほとんどがネットによる世論操作が行われていると報告されている。誰が何のために、どうやって世論を操作するのか。その核心に迫る。

2018年11月30日

ネットによる世論操作は国家レベルで行われている。結果、増大するSNS企業の影響力。ネットを通して、あなたの思想や行動が誰かの意図の下でコントロールされているかもしれない。

2018年11月29日

「日本か。素晴らしい国なんだろうな。まるで夢の国みたいだ。行ってみたいけど、僕には一生、絶対に無理だな。世界は不公平だね」。ノンフィクション作家の早坂隆氏はかつて滞在したルーマニアで、ある子どもにそう声をかけられたという。

2018年11月27日

「知りたいことは簡単にネットで調べられる」時代は終焉に向かっている。あなたの周りには誰かが作為的に送り込んだ情報だらけ……。世論操作への耐性が下がっている日本人の現状とは。

2018年11月22日

全米で話題を呼ぶ小説'The President Is Missing’。作者はまさかの元大統領、ビル・クリントン。第39代大統領のジミー・カーター以来の元大統領作品誕生の裏には一人のスーパー弁護士がいた!

2018年11月21日

パワハラ? 指導? 体育会出身の若者を潰したクラッシャー上司の実例

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

パワハラ? 指導? 体育会出身の若者を潰したクラッシャー上司の実例

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

明朗快活な若手社員すら潰してしまうクラッシャー上司。何が原因で潰されてしまうのか? 松崎一葉教授が実例をもとに分析する。

2018年11月08日

「家づくりの匠」の仕事の流儀は「一歩進んで二歩下がる」?(ルワンダ3)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(39)石澤義裕(デザイナー)

「家づくりの匠」の仕事の流儀は「一歩進んで二歩下がる」?(ルワンダ3)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(39)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はルワンダ。

2018年11月06日

移民の制限を訴えたら「極右」なのか。スペイン在住のジャーナリスト・宮下洋一氏が、移民・難民問題に揺れる欧州の現状をレポート。

2018年11月05日

國松孝次警察庁長官狙撃事件はオウム真理教による犯行ではなかった?真犯人を追い続けた元刑事が語る衝撃のノンフィクション。

2018年10月30日

「治家や官僚は、われわれの想像以上に世論を恐れている」と説く阿部彩氏。そこに「日本の貧困問題を解決する策があるのではないかと提言する。

2018年10月25日

子どもの摂取エネルギー量に格差が…広がる「日本の貧困」

阿部彩(社会政策学者), 鈴木大介 (文筆業)

子どもの摂取エネルギー量に格差が…広がる「日本の貧困」

阿部彩(社会政策学者), 鈴木大介 (文筆業)

日本の貧困問題に注目が集まり続けている一方で、それを否定するような発言や論調も存在する。しかしながら、確実に「飢える子ども」が存在しているという。

2018年10月23日

あながたもし、全く身に覚えもないのに、突然逮捕・連行されたら……誰にでも起こりうる「誤認逮捕」。その発生する原因をプロ弁護士が探る。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×