ホーム » 社会

社会

2018年12月26日

バチカンは世界最小の国でありながら、世界に与える影響力は大きい。ローマ法王が国際政治の主たる場面で重要な役割を担ってきた。その影響力は朝鮮半島にも及ぶ。

2018年12月25日

千葉雅也&三浦瑠麗 政治以前の「欲望」をいかにすくうか

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

千葉雅也&三浦瑠麗 政治以前の「欲望」をいかにすくうか

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

政治以前の次元である「欲望の問題」に目を向けるべき――。千葉雅也氏と三浦瑠麗氏が語る、グローバル資本主義の趨勢と国民国家の再生産とは。

2018年12月25日

松下幸之助 日本初の「週休二日制」導入~使命としての「働き方改革」

渡邊祐介(PHP研究所 経営理念研究本部 本部次長)

松下幸之助 日本初の「週休二日制」導入~使命としての「働き方改革」

渡邊祐介(PHP研究所 経営理念研究本部 本部次長)

パナソニック創業者の松下幸之助は、日本で最初に「週五日制」(週休二日制)を導入しており、社員の働き方については先進的な考え方を持っていた。社員の厚生と生産性の向上の先に、幸之助が求めたものとは。

2018年12月25日

2013年にローマ法王となったフランシスコ。その人気は世界規模で加熱し続けているという。元外交官、前バチカン大使の徳安茂氏が自身が見たその「圧倒的な人気」を語る。

2018年12月23日

紀伊國屋書店社長・高井昌史が、全国の有力学校法人トップと教育の未来を語るシリーズ。途上国での学校開設や、内戦で荒れた国の再興を支える民間人女性を留学生として受け入れる計画を進めるなど、興味深いチャレンジを続ける都築明寿香副総長にお話をうかがった。

2018年12月18日

第二次、第三次近衛内閣で海軍大臣をつとめた及川古志郎の評価は難しい。海軍反省会でも責任追及派と擁護派に分かれて、怒声混じりの大議論が繰り広げられた。

2018年12月17日

千葉雅也&三浦瑠麗 「愛」と「性愛」は切り離せるか?『新潮45』LGBT騒動を振り返る

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

千葉雅也&三浦瑠麗 「愛」と「性愛」は切り離せるか?『新潮45』LGBT騒動を振り返る

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

愛と性愛は切り離せない――。気鋭の哲学者と国際政治学者が語る、『新潮45』騒動と人間の本性。

2018年12月15日

1933年に発売され、今年で85周年を迎えたロングセラー『ビスコ』の人気は、まだまだ健在だ。それどころか、2013~17年の5年間で、売上げをなんと1.5倍に伸ばしている。いったい、なぜなのか?

2018年12月14日

ネットワークが遮断れれば、一般市民の生活、ビジネスなどすべてを機能不全に陥る。ネット・セキュリティが重要視される時代だが、クリントン元大統領は「アメリカは主要国のなかで最も脆弱」と指摘する。

2018年12月13日

「ITわからない。誰かに任せる」 開き直った人に居場所が無くなった理由

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「ITわからない。誰かに任せる」 開き直った人に居場所が無くなった理由

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

ITのことは分からないから、詳しい人に。丸投げ体質の人には未来が無い。『職場の問題地図』シリーズの著者である沢渡あまね氏が、自らの経験も踏まえて伝えたいこと。

2018年12月10日

千葉雅也&三浦瑠麗 『新潮45』杉田水脈論文に隠された本当の意味

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

千葉雅也&三浦瑠麗 『新潮45』杉田水脈論文に隠された本当の意味

千葉雅也(立命館大学准教授)&三浦瑠麗(国際政治学者)

波紋を呼んだ『新潮45』杉田水脈論文。「生産性」問題に隠された意味について、気鋭の哲学者と国際政治学者が議論。

2018年12月07日

起業にお勧めの国、ルワンダ。でも問題は……(ルワンダ4)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(40)石澤義裕(デザイナー)

起業にお勧めの国、ルワンダ。でも問題は……(ルワンダ4)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(40)石澤義裕(デザイナー)

ところ変われば働き方も変わる。世界の残念なビジネスマンの働き方を紹介。今回はルワンダ。

2018年12月07日

「使えない&使われない」職場の"誰得システム"を生み出す真犯人

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

「使えない&使われない」職場の"誰得システム"を生み出す真犯人

沢渡あまね(業務改善・オフィスコミュニケーション改善士)

誰が、何のために……? あなたの職場にも使われないシステムがはありませんか? そんな"誰得システム"を生み出してしまう元凶を『問題地図』シリーズの沢渡あまね氏が語る。

2018年12月07日

連合艦隊司令長官の山本五十六は、早くから航空機の可能性に着目していたという。そのため海軍では「山本長官は戦艦無用論者だ」という話が広がった。海軍反省会では、その真偽について、黛治夫氏の話を口火に、議論が展開されていく。

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会

×