ホーム » PHPマネジメント衆知 » 経営力・人間力 » ワンマン経営と衆知経営―松下幸之助経営問答

ワンマン経営と衆知経営―松下幸之助経営問答

2018年11月22日 公開

※本稿は、『PHPビジネスレビュー松下幸之助塾』2014年11・12月号Vol.20掲載「松下幸之助経営問答」より転載したものです。

松下幸之助

 

問:現代のような競争時代、他社に先駆けてビジネスチャンスを得るには、迅速な意思決定がますます求められています。そのためには、経営者はある意味でワンマンにならないといけないと思うのですが、その際に心がけなければならないことは何だとお考えでしょうか。

 

松下幸之助「ワンマンにしてワンマンにあらず」

いろいろありますが、やっぱり衆知を集めるということですね。ワンマンでもいろいろあります。しかし、かたちはワンマンであっても、その人がいつも国民なら国民、社員なら社員の心、考えを絶えず吸収していればいいわけです。

 私も小さい会社ながら、社長をやってきましたが、決して自分の気ままにはやりませんでした。創業者だし、一見ワンマンのようだけれども、常に社員の衆知を集めて、やってきたわけです。たとえ、きょう入った人の言葉でも耳に入るようにしていますから、みんなの心をもっている。つまり、私の場合は、ワンマンにしてワンマンにあらず、というようなことで、これまでやってきたわけですよ。

 もちろん、数が多いですから、話しあうということは実際はできませんね。一方的に私が話をするということになります。しかし、そういう人たちの話を聞かなければならないという心持ちは常にもっているわけです。だから、かたちは一方的に話をしていても、心持ちとしては対話をしているということです。そういう心持ちをもっているだけでいい。きわめて自然にやっているんです。だから、情報を集めるということにとらわれたらいけません。それでは、かえって情報は入らない。入ったら間違いだと思いますね。やはり、自然に分かるものです。天の声といいますか地の声といいますか、そういうものをいわば心の耳で聞いて判断するわけです。

 そのために、どんな人間とも私は会うんです。時間の許すかぎり、きょう入った人とも会って、常に聞いています。それで判断するんです。だから、自分の独断は独断にあらず、全員の思いも一緒だと、こういう考えをもっているわけです。

 自分が偉いからワンマンになるというのではなく、自分は何も知らないから、みんなの声を聞いて決めるということですね。決めるのは自分でも、いろいろな人に意見を聞いて決定するのだ、と。もちろん、実際に全員の意見を聞くことはできませんが、そういう気持ちでやるわけです。そして、それがやっぱり通じるんですね。

 だから、経営者はみんなの声を聞いて、初めて一流になれると私は考えています。

〔1978〕



経営・マネジメント誌「衆知」

特集 最強の現場力

特集 最強の現場力

発売日:2018年10月27日
価格(税込):1,080円

関連記事

編集部のおすすめ

松下幸之助創業者に学んだこと~長榮周作・パナソニック会長

マネジメント誌「衆知」

松下幸之助創業者に学んだこと~中村邦夫・パナソニック相談役、元社長

マネジメント誌『衆知』

創業者 松下幸之助への思いと100周年~津賀一宏・パナソニック社長

マネジメント誌『衆知』

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画

アクセスランキング

WEB特別企画

  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
×

構想力、実現力、人材育成力、人間力……。松下幸之助の哲学を学びつつ、現代に活躍する一流執筆陣の
実体験に裏付けられたメッセージから成功原則を読み解く経営・マネジメント誌