ホーム » PHPマネジメント衆知 » 経営力・人間力 » Q・B・Bブランドで「ベビーチーズ」のシェア7割。 開発先導と高収益を両立する六甲バター株式会社

Q・B・Bブランドで「ベビーチーズ」のシェア7割。 開発先導と高収益を両立する六甲バター株式会社

2019年02月27日 公開

三宅宏和(六甲バター株式会社社長)

ヒット商品「チーズデザート」開発秘話

チーズデザート

――御社の歴史を伺っていますと、つねに新しいことに挑戦し続け、成長してこられたイメージを抱きます。

三宅 新しいことへの挑戦という点については、創業家の2代目である弊社会長の塚本哲夫が、「開発先導型活力企業」と「高収益安定企業」という経営目標を述べています。

このうち「開発先導型活力企業」については、70年の長きにわたり、社員に刷り込まれてきていると思います。そして大切なことは、「新しさと確かな品質」を両立させることです。

私は開発部門の社員に「Q・B・Bが出すものは必ず、『さすがだな、美味しかったな』と、お客さまに思って頂ける商品にしてほしい」と言っています。

「もうひとつだった」と思われたらダメです。さらには、「Q・B・Bの新製品か。美味しいかもしれないから、試しに食べてみようか」となるような商品を作ってもらいたいのです。

――そのような考えに基づいて商品開発を進め、成功したものをご紹介頂けますか?

三宅 最近のヒット商品、「チーズデザート」という6P(円形のパッケージに扇形にカットしたチーズが入る商品)チーズの開発にまつわる話を紹介しましょう。

弊社は35年ほど前、家庭用のレアチーズケーキを販売し、ヒット商品になりました。

その後、ベイクドチーズケーキも発売し、チーズケーキに力を入れていたのですが、その後に出てきた「100円ケーキ」と、スーパー店頭で競合するようになりました。その結果、値下げを余儀なくされ、利益を取りにくくなり、残念ながら製造を中止したのです。

しばらくして、当時、チーズケーキのファンだった子供が大人になり、弊社に入社しました。「六甲バターでもう一度、おいしいチーズケーキを作りたい」と考えていた彼女は、さまざまなフレーバーや食材を入れ込んだデザート用のチーズを作り始めます。多数のレシピを考案して、徹底的に味にこだわって作った。

その結果、従来とはまったく異なる新しい食感と口どけのデザートができたのです。容器も女性に受けるようなデザインにリニューアルし、スーパーの店頭で華やかな印象を与えました。「マダガスカルバニラ」「ラムレーズン」というヒット商品が生まれ、現在、「チーズデザート」は弊社が一番シェアが高くなっています。

――開発者ご自身が「チーズケーキ好き」なだけに、自分が納得できるものというこだわりを突き詰めて成功したのですね。

三宅 開発を始めた当時、私は生産部長だったのですが、そうとうこだわったレシピを出してきた。そこで、「これは原材料が多すぎて、家で作る手作り用のレシピだ。工場でここまで細かくできるわけがない」と言ったら、原材料をすこしだけ少なくしてくれましたがね(笑)。

そして何とか試行錯誤して作ったら、ヒット商品になった。そうなると次からは文句を言えません。「新製品ではこんなレシピでやります」と言われたら、「しゃあないな」と(笑)。

――こだわりを許して作らせる、挑戦させるのが、御社のDNAだと実感できました。

次のページ
「ゲーム感覚で、面白がってやればいい」 >



経営・マネジメント誌「衆知」

特集「商売の勘どころ」

特集「商売の勘どころ」

発売日:2019年12月27日
価格(税込):1,100円

関連記事

編集部のおすすめ

金沢から東京・銀座へ カリスマ創業者の後を受け成長する「ぶどうの木」

本康之輔(株式会社ぶどうの木代表)

混ぜて焼くだけ! 生カップお好み焼き「おはなはん」 ヒットの舞台裏

松本章子(株式会社おはなはん代表)

「回転寿司根室花まる」 お客さんの期待にとことん応える仕事力

清水鉄志(株式会社はなまる代表取締役)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画

アクセスランキング

WEB特別企画

  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

構想力、実現力、人材育成力、人間力……。松下幸之助の哲学を学びつつ、現代に活躍する一流執筆陣の
実体験に裏付けられたメッセージから成功原則を読み解く経営・マネジメント誌