PHPオンライン衆知 » 歴史街道 » 編集部コラム » 「歴史街道」7月号●石田三成と大谷吉継

「歴史街道」7月号●石田三成と大谷吉継

2016年06月03日 公開

歴史街道編集部

    

 

 6月6日(月)発売の「歴史街道」7月号、総力特集は石田三成と大谷吉継 信繁を変えた男たちの「義」です。

 「こんな世界が、こんな生き方があったのか」
 大坂城で真田信繁が衝撃を受けたのが、石田三成、大谷吉継ら、豊臣秀吉の下で次々と政務をこなしている奉行衆の姿であったでしょう。
 天正14年(1586)、人質として秀吉の側近くに仕えることになった信繁は、彼らと接し、その価値観に驚きます。それまでひたすら真田家が生き残るために働いてきた信繁にすれば、三成や吉継の、私心なく天下平定を目指す生き方は、全く未知のものでした。しかもそれは主家・豊臣家のためというより、戦のない世をもたらす「統一政権の確立」を重んじるものだったのです。
 そんな三成、吉継が抱く理想は、信繁のその後に、どんな影響を与えたのかに迫ります。

 第二特集の「駆逐艦『雪風』の奇跡」とあわせて、ぜひご一読ください。

 

歴史街道 購入

2021年11月号

歴史街道 2021年11月号

発売日:2021年10月06日
価格(税込):790円


2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×