ホーム » 歴史街道 » 編集部コラム » 一遍上人~踊念仏、時宗の開祖

一遍上人~踊念仏、時宗の開祖

2018年02月15日 公開

歴史街道編集部


能永寺、一遍上人
一遍上人像(神奈川県横須賀市・能永寺)

 

一遍上人が伊予国に生まれる

今日は何の日 延応元年2月15日

延応元年2月15日(1239年3月21日)、一遍上人が生まれました。踊り念仏で知られる時宗の開祖、鎌倉時代の僧です。

伊予(愛媛県)の有力豪族・河野氏の一族に生まれた一遍は10歳で出家、13歳の時に太宰府に赴いて法然の孫弟子・聖達の下で浄土宗を学びました。25歳の時に父が死に、いったん還俗するものの、32歳で再び出家。伊予の岩屋寺をはじめ、信濃の善光寺、高野山など各地をめぐりながら修行を続け、南無阿弥陀仏の名号を記した札を配ります(御賦算)。

ところが紀伊国である僧から不信心を理由に札の受け取りを拒否され、大いに悩んだ一遍は熊野本宮に参籠、そこで「信不信をえらばず、浄不浄をきらわず、札を配るべし」というお告げを得て、一遍と名乗るようになったといいます。

その後も各地を歩き、弘安2年(1279)に信州佐久で踊り念仏を始めました。踊り念仏は尊敬していた空也上人に倣ったものといわれます。そして念仏の教えを広めるために全国を歩き(遊行)、摂津の観音堂(現・真光寺)で亡くなりました。享年51。

旅ころも 木の根 かやの根いづくにか 身の捨られぬ処あるべき

世の人おもへらく、自力他力を分別してわが体をもたせて、われ他力にすがり往生すべしと、云々。この義しからず。自力他力は初門のことなり。自他の位を打ち捨てて唯一念仏になるを他力とはいふなり

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

浄土真宗の宗祖・親鸞聖人が生まれる

歴史街道編集部

明恵上人の生涯~華厳宗中興の祖

歴史街道編集部

最澄、空海、白隠…名僧の言葉

ひろさちや(宗教評論家)


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。