ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 猛将・島津義弘は愛妻家だった!

猛将・島津義弘は愛妻家だった!

2018年03月09日 公開

歴史街道編集部

島津義弘
 

愛妻家ぶりが滲み出る島津義弘の手紙

木崎原の戦いや耳川の戦い、朝鮮出兵時の泗川の戦いなど、数々の戦場で活躍し、関ケ原の戦いでの敵中突破でも知られる島津四兄弟の一人、義弘。猛将というイメージが強いだろうが、それだけではなく、愛妻家の面も持っていたことが、遺された手紙から窺える。

例えば、天正19年(1591)3月に、滞在中の京都から妻に宛てた手紙には、次のようにある。

「猶々(なおなお)、今夜もそなたを夢にまさしくミまいらせ候て、たゞいまけんざん候やうにこそ候つれ。又よきたよりの折りふしハ、さいさい同事なれども、ふミにて申しのぼせ候ハゞ、うれしかるべく候」

(今夜もそなたを夢に見て、たった今会ったような気がする。良い報せがあれば、いつも同じことでもいいから、手紙を送ってくれれば嬉しく思う)

義弘の妻は3人いるが、この手紙の宛先は宰相殿と呼ばれた女性。跡継ぎとされた久保や、初代薩摩藩主となる忠恒(家久と改名)の生母である。

慶長5年(1600)の関ケ原の戦いの時は、島津義久の娘・亀寿とともに、宰相殿は大坂城下で西軍の人質となったが、薩摩へと戻る途上の義弘によって救出されている。

ちなみに、義弘の他の2人の妻は、一門衆の北郷忠孝の娘と肥後の大名・相良晴広の娘で、ともに政略結婚だったと思われる。

宰相殿は、園田清左衛門という武士の娘で、家柄は3人の妻の中で最も低い。江戸時代に書かれた『盛香集』によると、義弘が鷹狩りに出かけた際、川で大根を洗っている宰相殿(当時は「あかし」)を見かけて、その大根を所望した。すると、宰相殿は菅笠を脱ぎ、頭に触れていない側をへこませて、そこに大根を載せて差し出した。その気遣いに感じ入って、義弘は宰相殿に惚れたのだという。

恋愛結婚であったことも、義弘が宰相殿を深く愛した理由だったのかもしれない。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

勇武英略・島津義弘~その猛勢の中へ駆けよ!

歴史街道編集部

木崎原の戦い~島津義弘、「釣り野伏」で伊東祐安を破る

歴史街道編集部

鬼島津戦記~剽悍無類!大敵に勝つ薩摩の意地

山内昌之(歴史学者)


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。