ホーム » 歴史街道 » 編集部コラム » 方広寺鐘銘事件は、まったくの「言いがかり」とも言い切れない?

方広寺鐘銘事件は、まったくの「言いがかり」とも言い切れない?

2018年04月16日 公開

歴史街道編集部

方広寺の鐘「君臣豊楽」「国家安康」
 

今日は何の日
慶長19年4月16日、方広寺の鐘が鋳造

慶長19年(1614)4月16日、京都の方広寺の鐘が鋳造されました。そこに刻まれた「国家安康」「君臣豊楽」という文言に徳川家康がいちゃもんをつけ、大坂冬の陣へと発展したことで有名な鐘です。

「家康の名を切り、豊臣は君として楽しんでいる」。この事件は小説などでは、家康が豊臣家を追い詰めるための「言いがかり」として描かれますし、現代の感覚からしても「いちゃもんをつけた」ようにしかみえません。しかし調べてみると、これは必ずしも全くの「言いがかり」とはいえない面もあるようです。

というのも、この文章を書いたのは南禅寺の長老で豊臣氏と繋がりが深かった文英清韓という僧で、その弁明によると、「家康」「豊臣」というのは「隠し題」であるということです。清韓は敢えて「家康」「豊臣」という名を入れて、その威光が現われることを願ったとか。つまり、いい意味で名を刻んだ、ということのようです。

しかし、この弁明に立ち会った京都五山の僧たちは、別の点で清韓を非難していました。それは、「家康」という諱を使っていることです。当時は、貴人を実名では呼ばず、例えば家康であれば「内府」など、官職で呼ぶのが常識でした。にもかかわらず、清韓は鐘銘文にこの「隠し題」に加えて「右僕射源朝臣家康公」とも刻んでおり、そこも追及されているのです(意味としては単に「右大臣源朝臣家康公」というもの)。

いずれにせよ、豊臣の威信をかけた鐘に、徳川方から突っ込まれる可能性のある文言を刻んでしまったのは、清韓の落ち度だったのかもしれません。あるいは、敢えて「隠し題」で徳川方を挑発するつもりだったのでしょうか。

結局、清韓は南禅寺を追放され、住坊も一時廃絶という憂き目に遭います。また、清韓は同じく南禅寺の僧で家康のブレーンであった金地院崇伝と政治的に対立していたようで、この事件には僧同士の争いも絡んでいたようにも思われます。

とはいえ、その後、鋳造された鐘は破壊されず現存しているところから見ても、鐘銘自体は単に「言いがかり」の要素でしかなかったと思われます。ただし、その背景には何やら豊臣と徳川の両者の見えないせめぎ合いのようなものが見え隠れします。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

家康も望まなかった「大坂冬の陣」、勃発の真相を探る

渡邊大門(歴史学者)

徳川家康は大坂の陣で討ち死にしていた!?~堺・南宗寺にある墓の謎

楠戸義昭(歴史作家)

徳川家康がもっとも恐れていたのは、豊臣秀頼の関白就任だった!?

8月3日 This Day in History


WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。