ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 冬に食べたい日本の「郷土料理」ランキング

冬に食べたい日本の「郷土料理」ランキング

2019年02月06日 公開

歴史街道脇本陣

地域の食材を活かした美味

石狩鍋

第4位には、鮭をつかった味噌仕立ての鍋、北海道・石狩鍋が、「サケのおいしい季節なので、どうしても食べたくなります」(60代、男性)といった理由からランクイン。ちなみに、石狩鍋は白菜ではなく、キャベツや玉ねぎを入れるのが特徴です。

続いて、昨年、イベントの提供数でギネス世界記録に認定された、山形県のいも煮が第5位に。ホクホクの里芋が食べていて温まる、という意見以外に、「いつもテレビなどで見てとても美味しそうなので」(30代、女性)などの、「食べてみたい」というコメントが多かったのが印象的です。

第6位は、グロテスクな見た目からは想像できない美味しさで、食した人を虜にする、あんこう鍋。「あん肝がとけた出汁がたまらない」(20代、女性)のコメントには、強く同意します(笑)。

そして第7位は、「熱々で、 赤味噌の濃厚な味が大好きです」(50代、女性)といった意見から、名古屋で人気のみそ煮こみうどんでした。
 

まだまだある、全国の郷土料理

のっぺ

ランキング終盤は、正月や祝いごとの際に食べることの多い煮物・のっぺが第8位、関東と関西で調理法が異なるすき焼きと、土鍋の縁に味噌を土手のようにぬり付けた、広島県のかきの土手鍋が、同率で第9位に入りました。

ここからは、興味深い意見をまとめて紹介します。

おきりこみ(群馬県)
「太い手打ちうどんを野菜などと煮込んだ、群馬の代表的なアツアツの郷土料理です」(60代、男性)
だんご汁(大分県)
「豚肉、野菜と、小麦粉で作った太めの麺を入れて作ります! 野菜沢山であったかくて、何度もおかわりしました」(40代、女性)
治部煮(石川県)
「少しとろみがあり、鴨肉の旨みが麩や野菜に染みて美味しいから」(50代、女性)
納豆汁(山形県)
「納豆の風味が、お汁にすることで更に体に沁みます」(30代、女性)

冬に食べたい、ということで、今回は煮こみ・鍋料理がランキングを占めました。最近は現地に行かずとも、郷土料理が楽しめるお店が各地に増えていますので、ぜひランキングに入った料理を味わってみて下さい! 今回もたくさんのご投稿、ありがとうございました。



歴史街道 購入

2020年4月号

歴史街道 2020年4月号

発売日:2020年03月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

あなたの地元が誇る歴史上の人物といえば? ランキング

歴史街道脇本陣

「歴史を感じさせる町並み」ランキング

歴史街道編集部

【歴史街道ランキング】現地で楽しみたい日本の祭りは?

歴史街道編集部

歴史街道脇本陣 なんでもランキング

歴史街道編集部
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。