ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 縄文の新常識!三内丸山遺跡の衝撃

縄文の新常識!三内丸山遺跡の衝撃

2019年04月01日 公開

関裕二(歴史作家)

三内丸山縄文遺跡

※本稿は、関裕二著『「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける』(PHP新書)より、一部を抜粋編集したものです。
 

三内丸山遺跡の衝撃

日本人は縄文時代に関して無関心だったが、三内丸山遺跡の発見によって、マスコミがまず飛びつき、縄文人に対する認識は、確実に変わったのだ。そこで、少し三内丸山遺跡について、考えておきたい。

平成4年(1992)に、県総合運動公園拡張事業の野球場建設にともない、発掘調査は始まった。江戸時代前半から、「ここには何かある」と、気付かれてはいた。一帯から土器や人形(土偶)が出てくると17世紀には記録され、18世紀末には、土器や土偶のスケッチが描かれていた。

実際にトレンチを入れてみると、厚さ2メートル以上の遺物包含層が出現した。遺物包含層に厚さがあり、遺跡が長く続いていたことになる。発掘の結果、今から5500年から4000年前に至る1500年の間、人が住み続けていたこともわかってきた。

平成6年(1994)に、4500年前の縄文時代中期後半の直径1メートルのクリの巨木を用いた大型掘立柱建物跡が発見され、ついに保存運動が巻き起こり、見事な遺跡公園が整備された。

岡田康博(三内丸山遺跡の調査責任者)は、三内丸山遺跡の特徴を3つのキーワードを用いて表現する(NHK三内丸山プロジェクト・岡田康博『縄文文化を掘る』NHKライブラリー)。

(1)大きい
遺跡の推定範囲は、約35ヘクタールで、東京ドーム7個分、最大級の縄文遺跡だ。しかも、計画的に住居、墓、倉庫、ゴミ捨て場が配置されていた。

(2)長い
土器の編年から、縄文時代前期から中期にかけての約1500年間、遺跡が継続していたことがわかった。

(3)多い
出土遺物の量が、膨大だった。縄文遺跡の宝庫・青森県全体の40年分の遺物が、一つの遺跡から出現した。

三内丸山遺跡の発見によって、かつての常識は覆された……。ただし、「それ以前からわかっていたことを、再確認しただけだ」と、指摘する考古学者も多い。一般の人が知らなかった縄文の実力を、三内丸山遺跡の発見に驚いたマスコミが、大きく報道して世に知らしめたのが、本当のところなのだ(もちろん新発見もあったが)。

ならば、縄文人の野蛮人のイメージを払拭するだけの材料とは、どのようなものだったのか。

次のページ
縄文観を塗り替えた三内丸山遺跡 >



歴史街道 購入

2020年1月号

歴史街道 2020年1月号

発売日:2019年12月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

かつて教科書から消えた縄文時代。その理由とは?

関裕二(歴史作家)

「壬申の乱」で読み解く古代史~必要のなかった戦い。それでも日本は大きく変わった

倉本一宏( 国際日本文化研究センター教授総合研究大学院大学教授)

卑弥呼は旅行代理店の女社長だった?〜古代史の謎を解く

長野正孝(元国土交通省港湾技術研究所部長)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。