ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 成務天皇(第13代)と仲哀天皇(第14代)

成務天皇(第13代)と仲哀天皇(第14代)

2019年05月01日 公開

吉重丈夫

琵琶湖

平成から令和へ、という節目の年に、歴代天皇の事績をふりかえります。今回は「成務天皇」「仲哀天皇」をお届けします。

※各天皇の年齢等については数え年で計算して記しています。
※即位年、在位年数などについては、先帝から譲位を受けられた日(受禅日)を基準としています。
※本稿は、吉重丈夫著『皇位継承事典』(PHPエディターズグループ)より、一部を抜粋編集したものです。

吉重丈夫著『皇位継承事典』
 

第13代・成務天皇
世系18、即位48歳、在位60年、宝算107歳

皇紀744年=景行14年(84年)、先帝・景行天皇の第四皇子として誕生された稚足彦命(わかたらしひこのみこと)であり、母は崇神天皇の皇子・八坂入彦命(やさかのいりひとのみこと)の女王で景行天皇の皇后・八坂入媛命(やさかのいりひとのみこと)である。つまり母方も父方も曾祖父が崇神天皇である。

皇紀773年=景行43年(113年)、異母兄の小碓尊(おうすのみこと、日本武尊)が薨去される。

皇紀781年=景行51年(121年)8月4日、稚足彦命が38歳で立太子される。 

『日本書紀』には24歳とあるが、小碓尊(日本武尊)が薨去されたとき30歳であり、先帝・景行天皇条には景行51年に皇太子に立てたとあるので、正式にはこの時と思われる。皇統譜にも景行51年立太子とある。

先帝・景行天皇は小碓尊(日本武尊)を立太子させるお積もりであったが、先に薨去されたので稚足彦命を皇太子に立てられたのである。

同じく、異母兄に大碓尊(おおうすのみこと)がおられたが、蝦夷征伐を命じられ逃げてしまわれたので、美濃国に封じられていた。

皇紀790年=景行60年(130年)11月7日、景行天皇が崩御される。

皇紀791年=成務元年(131年)1月5日、稚足彦命が成務天皇として48歳で即位され、志賀高穴穂宮(しがのたかあなほのみや、滋賀県大津市)に都を置かれた。

皇紀838年=成務48年(178年)3月1日、成務天皇に皇子がなく、異母兄・小碓尊(日本武尊)の王子である甥の足仲彦命(たらしなかつひこのみこと、仲哀天皇)を皇太子に立てられた。

後嗣となる皇子がない事態に陥ったのは、初代神武天皇以来初めてのことであった。

日本武尊は先帝の指図に従って西へ、東へと遠征され、大きな手柄を立てられ、大変な功績がある上に、若くして薨去されたので、その王子が立太子されることには何の抵抗もなかった。

このことは奈良県御所市富田と大阪府羽曳野市軽里(軽里大塚古墳)の二ヶ所に白鳥陵が築造されていることや、次の仲哀天皇の詔「白鳥を貢らしめ給ふの詔」からも推定される。

皇紀850年=成務60年(190年)6月11日、在位60年、107歳(皇統譜)で崩御される。

『古事記』には95歳とある。

次のページ
第14代・仲哀天皇 世系19、即位45歳 在位9年、宝算52歳 >



関連記事

編集部のおすすめ

第12代・景行天皇と日本武尊

吉重丈夫

第11代・垂仁天皇と狭穂彦王の叛乱

吉重丈夫

第10代・崇神天皇~二皇子に下されし勅

吉重丈夫

孝元天皇(第8代)と開化天皇(第9代)

吉重丈夫

神武天皇~初代天皇による日本の建国

吉重丈夫

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。