ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 「忠臣」と聞いて思い浮かぶ日本史上の人物は?ランキング

「忠臣」と聞いて思い浮かぶ日本史上の人物は?ランキング

2019年07月09日 公開

歴史街道脇本陣

日本史上の「忠臣」ランキング

「自分らしく、自由に生きる」ということが主流になりつつある現代において、一途に主君や国家のために尽くす姿は、「時代遅れ」と言われてしまうのかもしれません。しかし一方で、今なお多くの日本人が、そういった真っ直ぐな姿を「美しい」と感じているのも、また事実。皆さまは「忠臣」たちの生き様に何を感じ、何を見出しますか?
 

日本史上の「忠臣」ランキング
結果発表トップテン

1位:大石良雄(内蔵助) 31.2%
2位:楠木正成 7.9%
3位:豊臣秀吉 6.7%

4位:石田三成 6.1%
5位:弁慶 3.7%
6位:直江兼続 3.3%
7位:真田幸村(信繁)3.0%
8位:黒田孝高(官兵衛)2.4%
9位:乃木希典 1.8% 
10位:平重盛 1.6%

今回は江戸時代以前の人物だけで競うかと思いきや、意外にも明治以降の人物に、少なからず票が集まりました。ランクインしたのは一人だけでしたが、確かに近代にも「忠臣」といえる人々が存在していましたね。

それでは、ほかにも様々な「意外」があった今回の結果を、細かく見ていきましょう。
 

狙うは怨敵、吉良上野介の首!

赤穂浪士

圧倒的な得票率で第1位の座に就いたのは、「忠臣蔵」で知られる、大石良雄(内蔵助)でした! 

主君の無念を晴らすべく、47人の浪士らが吉良邸に討ち入り、仇討を果たした、「忠臣蔵」こと元禄赤穂事件。一般に知られている話は脚色された部分もありますが、「命をとして主君の無念を、というのはまさに忠臣」(40代、男性)や、「江戸時代以来、歌舞伎や演劇、映画、ドラマ、小説に取り上げられてきた、日本を代表する忠臣だと思います」(50代、男性)など、その生き様に胸を打たれ、「忠臣」を連想した方が大多数でした。また、「テレビドラマを見ていた」などの意見も多く、日本人が「忠臣蔵」に馴染み深いことも、勝因の一つのようです。

しかし、ここまで2位との差が開くとは、編集部としては予想外の結果でした。

次のページ
一人だけ異質? >



歴史街道 購入

2019年8月号

歴史街道 2019年8月号

発売日:2019年07月05日
価格(税込):680円

関連記事

編集部のおすすめ

あなたが好きな「三国志」の人物は? ランキング

歴史街道編集部

高校の担任の先生になってもらいたい日本史上の偉人は? ランキング

歴史街道脇本陣

失われた天守を見てみたいお城といえば? ランキング

歴史街道脇本陣

歴史街道脇本陣 なんでもランキング

歴史街道編集部
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。