ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 社長になってもらいたい歴史上の人物は?ランキング

社長になってもらいたい歴史上の人物は?ランキング

2019年08月02日 公開

歴史街道脇本陣

社長になってほしい歴史人物

2014年1月号の「上司にしたい歴史上の人物」ランキングでは、第1位が織田信長、同率第2位が坂本龍馬と西郷隆盛でした。果たして、「上司」と「社長」では求める人物像が変わるのか──それでは、今回の結果を細かく見ていきましょう。
 

結果発表トップテン

第1位:坂本龍馬 14.0%
第2位:織田信長 13.6%
第3位:徳川家康 10.7%

第4位:豊臣秀吉 5.4%
第5位:聖徳太子 4.6%
第6位:武田信玄 3.2%
第7位:西郷隆盛 2.2%
第8位:上杉鷹山・福沢諭吉 1.9%
第10位:黒田孝高(官兵衛)・徳川吉宗 1.6%

社長に就いてほしい人物というのは、大きく二つのタイプに分けることができると思います。強力なリーダーシップで社員を導く人物と、部下を信頼して仕事を任せる人物。もちろん、どちらにもなれる社長が理想ではありますが、それはなかなか難しいのでは。将来も見据え、会社に必要なのはどちらのタイプか……簡単に答えは出せそうにありませんね。
 

上位は人気のあの二人

坂本龍馬

「上司にしたい人物」では信長に後れを取りましたが、今回の「社長」では坂本龍馬に軍配が上がり、第1位に輝きました。選んだ理由には、「社長に求められる『先見性』『行動力』『人としての魅力』が、全てあてはまる」(60代、男性)や「世界との貿易に目を向けたグローバルな人物だから」(40代、女性)などのほか、「従業員の意見を聞きつつ、改革をしてくれそう」というものもありました。

僅差で惜しくも第2位となってしまった織田信長には、「有能な人が身分にかかわらず出世できる」(30代、女性)と「これまでの価値観と違うところから、働き方改革を行なってくれそう」(50代、男性)といった点を評価する意見が大多数。しかし本音では、「リーダーシップがあり、色々なことがトップダウンで決まりそう。ただ、自分の上司にはしたくない」(30代、男性)という人も、実は多いのではないでしょうか(笑)。

織田信長

どのランキングでも人気の二人が1位・2位となりました。確かに二人とも「改革」はしてくれそうですが、その代わりに部下の残業時間は多くなりそうな気が……。悩ましい問題です(笑)。

次のページ
安定した会社で働きたい >



歴史街道 購入

2019年11月号

歴史街道 2019年11月号

発売日:2019年10月04日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

上司にしたい歴史上の人物は?ランキング

歴史街道脇本陣

高校の担任の先生になってもらいたい日本史上の偉人は? ランキング

歴史街道脇本陣

戦国における「最強の父親」ランキング

歴史街道脇本陣

歴史街道脇本陣 なんでもランキング

歴史街道編集部
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中
×

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。