ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » もっと長く生きてほしかった歴史上の人物 ランキング

もっと長く生きてほしかった歴史上の人物 ランキング

2019年10月14日 公開

歴史街道脇本陣

もっと長生きしてほしかった歴史人物ランキング

前々回の「社長になってもらいたい人物」、前回の「歴史好きになったきっかけの人物」に引き続き、今回のお題でも、「あの二人」が1位と2位にランクイン! 脇本陣史上、3連続で上位2位の顔ぶれが変わらなかったのは、初めてではないでしょうか。あらゆる切り口のランキングにおいて、常に首位争いをする2人の人気、おそるべし……。
 

もっと長く生きてほしかった歴史上の人物
結果発表トップテン

第1位 織田信長 23.4%
第2位 坂本龍馬 18.2%
第3位 武田信玄 4.4%

第4位 西郷隆盛 2.6%
第5位 豊臣秀吉 2.5%
第6位 沖田総司 1.6%
第7位 源義経、明智光秀、山本五十六 1.5%
第10位 豊臣秀長、高杉晋作 1.4%

今回のお題は「もっと長く生きてほしかった歴史上の人物は?」です。

上位2人はお馴染みのメンバーですが、全体で見ると、時代が分散し、顔ぶれもいつもとは少し違う並びになったのではないでしょうか。それでは、今回の結果を細かく見ていきましょう。 
 

ランキングの人気者

織田信長と坂本龍馬

おそらく脇本陣史上最も多く1位の座に就いている人物、織田信長が、前回に続き2連覇を果たしました。やはりほとんどの方が「その後の日本をどうしようとしていたのか、見てみたかったから」(30代、男性)といった、「信長の天下統一」に関心があるようです。しかし、「徳川政権より進化した世の中になっていたかもしれない」(40代、男性)などの前向きな意見がある一方で、「開放的な日本になるか、残虐さがさらに加速するのか、どうなるか見てみたかった」(40代、男性)という、徳川政権のような泰平の世はなかったかもしれない、と分析する方も。様々な想像ができるからこそ、多くの方が、その答えを求めてしまうのかもしれませんね。

続く第2位は、こちらも上位お馴染みの人物、坂本龍馬。「明治まで生きていたら、どのような政治家になっていたのか」(30代、男性)、「明治維新後の政治の仕組みが、違っていたような気がする」(50代、女性)など、明治をどう生きたかに思いを馳せる方が大多数でした。

どのランキングでも人気の2人ですが、こうして見ると「志半ばで斃れた」という共通点がありました。その続きが見てみたいと人々に思わせる、それぞれが持っていた壮大な夢も、人気の理由の一つのようです。

次のページ
歴史を大きく変えていたかも? >



歴史街道 購入

2020年3月号

歴史街道 2020年3月号

発売日:2020年02月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

歴史好きになったきっかけの歴史上の人物は誰? ランキング

歴史街道脇本陣

社長になってもらいたい歴史上の人物は?ランキング

歴史街道脇本陣

「忠臣」と聞いて思い浮かぶ日本史上の人物は?ランキング

歴史街道脇本陣

歴史街道脇本陣 なんでもランキング

歴史街道編集部
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。