ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 「戦争映画特撮術」第3弾『ミッドウェイ』がシネフィルWOWOWで放送!

「戦争映画特撮術」第3弾『ミッドウェイ』がシネフィルWOWOWで放送!

2019年12月24日 公開

《PR》シネフィルWOWOW

押井守、上坂すみれ、岡部いさく
左から、岡部いさく、押井守、上坂すみれ
 

押井守、上坂すみれ、岡部いさくの3人が副音声で名作戦争映画を語りつくす

いま作られている戦争映画は、CGを使ってよりリアルなものとなっている。

それに対して、1900年代の戦争映画は特撮技術を駆使して作られていた――。

「特撮技術の裏側を知ると、昔の戦争映画はもっと面白くなる」

そんな意図から、今年8月、名画チャンネル「シネフィルWOWOW」で、戦争映画の特撮の魅力に迫る「戦争映画特撮術」という企画が放送された。

放映されたのは、1969年のイギリス映画『空軍大戦略』。第二次世界大戦の英独の戦い、「バトル・オブ・ブリテン」を描いた作品である。

この企画の特色は、単に戦争映画の名作を放映しただけではないところだ。

映画監督の押井守さん、軍事評論家の岡部いさくさん、声優の上坂すみれさんの3人によるコメンタリーが、副音声で流されたのである。

これまで『劇場版「機動警察パトレイバー the movie」』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など数々の名作を、映像技術を駆使して世に送り出してきた押井監督。

特撮のテクニックの裏側を押井監督が明かせば、映画に登場する戦闘機や艦船を岡部さんが細かく解説、そしてミリタリーマニアの上坂さんが興奮ポイントを紹介するなど、専門家やマニアならではのコメントが満喫できる企画であった。

9月には第2弾として1980年のアメリカ映画『ファイナル・カウントダウン』がコメンタリー付きで放送された。

その大好評を受け、「戦争映画特撮術」第3弾の放送が決定。ミッドウェイ島攻略をめざす日本海軍を、米海軍が完膚なきまでに打ち破り、太平洋戦争の分水嶺となった戦いを描いた、戦争映画の名作『ミッドウェイ』(1976年)がコメンタリー付きで放送される。

2020年2月23日(日)夜9時からの放送に向けて、今回も同じメンバーによる副音声の収録が、都内のスタジオにて行なわれた。

映画が好きなだけでは気がつけない、専門家・ミリタリー通だからこそ分かる戦争映画の特撮術、映画のマジックを知ることができる充実のコメンタリーとなっている。

果たして、三人はどんなコメントをしているのか。それは観ての(聴いての)お楽しみ。

2月23日の放送に先立ち、1月26日(日)夜9時からは、第1弾『空軍大戦略』と第2弾『ファイナル・カウントダウン』が、名画チャンネル「シネフィルWOWOW」で再放送されるので、こちらも是非あわせてご覧いただきたい。
 

「戦争映画特撮術」

【第1弾】「空軍大戦略[特撮コメンタリー付]」(再放送)」:2020年1月26日(日)21:00~
【第2弾】「ファイナル・カウントダウン[特撮コメンタリー付]」(再放送):2020年1月26日(日)23:30~
【第3弾】「ミッドウェイ[特撮コメンタリー付]」:2020年2月23日(日)21:00~

「シネフィルWOWOW」公式サイト
  https://www.cinefilwowow.com/

「シネフィルWOWOW」は、スカパー!(BS252ch)ほかでご覧いただける、映画・ドラマの専門チャンネル。映画史に残る名作歴史ドラマや戦争映画を毎月放送。1月は『アラビアのロレンス』や『戦場にかける橋』、『戦国自衛隊』、『四十七人の刺客』などをお送りする。


歴史街道 購入

2020年3月号

歴史街道 2020年3月号

発売日:2020年02月06日
価格(税込):790円

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。