ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 第10回は北海道! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

第10回は北海道! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説



2020年04月30日 公開

歴史街道編集部

今村翔吾戦国武将小説北海道

あまたいる戦国武将のなかから、各都道府県で一人ずつを選び、短編小説に――。

くじ引きの結果、第10回は、どこの県の誰なのか。

執筆者は、「羽州ぼろ鳶組」「くらまし屋稼業」シリーズが人気で、『童の神』が直木賞・山田風太郎賞の候補になり、『八本目の槍』も「週刊朝日」の歴史・時代小説ベスト10で第1位を獲得するなど、いま最も勢いのある若手歴史小説家・今村翔吾先生です。

この動画は、第10回のくじ引きを撮影したものです。
 

くじ引きの結果、連載第10回は……北海道!

北海道にはアイヌが住んでいたが、そこに本州から和人が入ってきました。

鎌倉時代以降、北海道の南、渡島(おしま)半島の支配を幕府から認められたのは、安東氏です。

康正2年(1456)、和人とアイヌとの間で、コシャマインの戦いが起こりました。

この戦いで活躍した武田信広は、勢力を拡大。のちに蠣崎(かきざき)氏を名乗ります。

やがて蠣崎氏は、渡島半島を支配するようになりました。

戦国時代、蠣崎氏の当主は慶広(よしひろ)。のちの松前慶広です。

天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原征伐、そして奥州仕置が行なわれました。

多くの大名が取り潰される中、蠣崎慶広は生き残ることに成功し、その後、松前氏として江戸時代を生き抜くことになります。

秀吉による天下統一の直後の天正19年(1591)、奥州で九戸政実(くのへ まさざね)の乱が起こりますが、そのとき、蠣崎慶広もアイヌを伴い、海を渡って出陣しています。そこではどんな戦いが繰り広げられたのか――。

九戸政実の乱における、北海道の戦国武将・蠣崎慶広をアイヌの視点で描いた連載第10回は、5月7日(木)発売の「歴史街道」6月号に掲載されています。お楽しみに!



歴史街道 購入

2020年6月号

歴史街道 2020年6月号

発売日:2020年05月07日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

第9回は岩手県! 今村翔吾〔戦国武将×四十七都道府県〕連作読切小説]

歴史街道編集部

第8回は広島県! 今村翔吾〔戦国武将×四十七都道府県〕連作読切小説]

歴史街道編集部

第7回は「茨城県」! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

歴史街道編集部
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。