PHPオンライン衆知 » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 加藤清正、山中幸盛、佐久間盛政…あの武将はどんな初陣だったのか

加藤清正、山中幸盛、佐久間盛政…あの武将はどんな初陣だったのか

2020年06月16日 公開

楠戸義昭(歴史作家)

佐久間盛政~父を亡くした箕作城攻略戦

信長死後の織田家における後継者争いで、羽柴秀吉と柴田勝家が賤ケ岳で激突した。佐久間盛政は伯父・勝家に代わって全軍の指揮をとり、惜敗して30歳で死んだ。

その頭脳戦ともいえる、秀吉と盛政の戦いは、戦国時代きっての名勝負といわれている。

盛政は加賀金沢城の初代城主で、武勇にすぐれ、気骨ある武将だった。だがその初陣は、実に悲惨なものだった。

信長に一族をあげて仕えた佐久間家にあって、盛政の父盛次は足利義昭を戴き、上洛する織田軍の中にあった。盛政は『佐久間軍記』には、「佐久間玄蕃允初陣」とある。15歳だった。

近江観音寺城の六角承禎を攻める中で、盛政は、盛次の従兄弟で、信長の信頼が厚い信盛麾下に属し、観音寺城の向かいにある箕作城攻略戦に、父盛次とともに加わった。

盛政は父に遅れまいとひたひたと堀際につけ、一番手柄をめざした。だが父は盛政の見ている前で、敵勢に襲われて討ち死にしてしまった。

織田軍は箕作城を攻略し、京都への道を開いたものの、盛政にとっては最悪な初陣となった。

盛政の母は柴田勝家の妹・末森殿だったため、勝家が親代わりとなった。父の戦死から3年後の元亀2年(1571)9月、盛政は、近江金森の一向一揆の鎮圧軍に身を置く。

夜明け前に敵陣の枝折垣に達して切り崩し、敵首を取った。この時、前田利家の家臣・村井長頼も敵を倒し、一番首は同時であった。

11歳年上であり、戦い慣れした長頼は、すぐに信長に見せて一番首の恩賞に南蛮笠を貰った。

ところが盛政は、どうしても最初に勝家に見せたいと探し回り、やっと見つけて一番首を見せ、勝家に喜んでもらった。このため信長への申告が遅れ、一番首の栄誉を逃してしまったのだ。

まだ戦慣れしていなかった18歳の盛政の、初々しく、微笑ましい手柄話である。

歴史街道 購入

2022年2月号

歴史街道 2022年2月号

発売日:2022年01月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

藤堂高虎、立花宗茂、小坂雄翟、小早川秀秋…あの武将はどんな初陣だったのか

楠戸義昭(歴史作家)

真田幸村の妻と娘は、大坂の陣の後、どうなったのか

楠戸義昭(歴史作家)

兵は詭道なり!家臣を心服させた姫若子の初陣~長宗我部元親の野望

永岡慶之助(作家)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×