PHPオンライン衆知 » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 意外と負けていた…織田信長の「敗北3パターン」

意外と負けていた…織田信長の「敗北3パターン」

2020年09月30日 公開

安部龍太郎(作家)

 

無理をさせたがための敗北

3つ目は、「家臣や味方勢力に無理をさせたがための敗北」だ。

それが⑤〜⑧の戦いで、いずれも織田家による勢力拡大、もしくはそれを抑え込もうとする相手によって引き起こされたものである。
これらは厳密にいうと、信長自身の敗北というより、信長の家臣や、織田家に味方する勢力が敗れたものだ。

毛利家には、第一次木津川口の海戦や上月城の戦いなどで敗れているが、これはいずれも家臣たちの敗北だ。

武田家に対しては、岩村城を落とされたり、同盟を結ぶ徳川家康が三方原で敗走させられたりしているが、いずれも信長が直接対決したものではない。

上杉謙信に対しては、重臣・柴田勝家率いる織田軍が手取川で敗れ、伊賀に対しては次男の信雄が敗れている。

もっとも、信長自身がそれらの戦場にいなかったとはいえ、責任がないわけではない。これらの敗北は、信長が天下統一を急ぐあまりに引き起こされたものといえるからだ。

 

歴史街道 購入

2022年1月号

歴史街道 2022年1月号

発売日:2021年12月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

信長はなぜ、イエズス会と決別したのか

安部龍太郎(作家)

松永久秀はなぜ、織田信長に裏切りの罪を許されたのか?

小和田哲男(静岡大学名誉教授)

明智光秀、美濃を追われ、越前で過ごした「謎の十年間」

小和田哲男(静岡大学名誉教授)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×