ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 第15回は大分県! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

第15回は大分県! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説



2020年10月05日 公開

歴史街道編集部

今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

あまたいる戦国武将のなかから、各都道府県で一人ずつを選び、短編小説に――。

くじ引きの結果、第15回は、どこの県の誰なのか。

執筆者は、「羽州ぼろ鳶組」「くらまし屋稼業」シリーズが人気で、『童の神』が直木賞・山田風太郎賞にノミネート、『八本目の槍』も「週刊朝日」の歴史・時代小説ベスト10で第1位を獲得、『じんかん』が直木賞にノミネートされるなど、いま最も勢いのある若手歴史小説家・今村翔吾先生です。

この動画は、第15回のくじ引きを撮影したものです。
 

くじ引きの結果、連載第15回は……大分県!

熊本県といえば肥後国、細川家を思い浮かべるかもしれませんが、細川家が熊本に入ったのは江戸時代初期、寛永9年(1632)のこと。

では、戦国期の肥後国はどうだったのでしょうか。

室町時代における肥後国守護は、平安時代以来の名門・菊池氏であったが、16世紀初めに没落、下剋上が進みました。

大分県といえば、豊後国と豊前国。

有名な戦国武将としては、キリシタン大名としても知られる大友宗麟(義鎮)が挙げられます。

大友氏は鎌倉時代初期、能直の代に、豊後の守護と鎮西奉行に任じられ、以降、北部九州を中心に勢力を伸ばして、有力な守護大名となっていきます。

そして戦国時代、宗麟の時に大友氏は全盛期を迎えました。

一時は、北部九州6か国を支配下に置き、南の島津、西の龍造寺と九州を三分し、キリスト教の布教を促進するとともに、ポルトガルと貿易を行なうことで、隆盛を誇ったのです。

しかし、この宗麟、初めから順風満帆だったわけではありませんでした。

父・義鑑は、宗麟の弟に家督を譲ろうとし、宗麟は廃嫡されそうになります。

そして天文19年(1550)に起こったのが「二階崩れの変」という政変で、その結果、宗麟は家督を相続することができたのです。

連載第15回は、この大友家の宿老で、大黒柱としてその隆盛に大きく貢献した戸次道雪(鑑連)が主人公です。

物語は、二階崩れの変の三年前、天文16年(1547)から始まります。

10月6日(火)発売の「歴史街道」11月号に掲載です。お楽しみに!



歴史街道 購入

2020年11月号

歴史街道 2020年11月号

発売日:2020年10月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

第14回は熊本県! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

歴史街道編集部

第13回は!佐賀県! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

歴史街道編集部

第12回は大阪府! 今村翔吾〔戦国武将×47都道府県〕連作読切小説

歴史街道編集部
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×