ホーム » 歴史街道 » WEB情報箱 » 歴史上の人物で「守備の天才」といえば誰?ランキング

歴史上の人物で「守備の天才」といえば誰?ランキング



2020年10月27日 公開

歴史街道脇本陣

守備の達人

「守備の天才」ということで、プロ野球選手にも予想以上に票が集まりましたが、今回は現代を「歴史」には入れないことといたしました。申し訳ございません! 過去の「日本史において活躍した外国人」「特集で取り上げてほしい世界史上の人物」のアンケートでも野球選手の名前が挙がりましたが、野球がいかに日本で愛されているかが伝わってきます(笑)。
 

歴史上の人物で「守備の天才」といえば誰?
結果発表トップテン

第1位 徳川家康 11.1%
第2位 真田昌幸 10.4%
第3位 加藤清正 6.3%

第4位 真田信繁 (幸村) 6.1%
第5位 豊臣秀吉 5.6%
第6位 楠木正成 4.8%織
第7位 成田長親 2.8%
第8位 北条氏康 2.5%
第9位 織田信長 2.3%
第10位 武田信玄、栗林忠道 2.0%

今回、世界史も含めたアンケートでしたが、ランキングに入ったのは日本史上の人物だけでした。全体で見ても、諸葛亮(孔明)など中国史の人物に少し票が入りましたが、西洋史の人物への票は1%未満に。世界史上の人物において、攻めの強さではなく、守りの才能といわれても、なかなかイメージが湧きづらいのかもしれませんね。

また、今回は「常連メンバー」が少ない、非常に面白い人物の並びとなりました。それでは、結果を細かく見ていきましょう。
 

珍しい顔ぶれが上位に!

徳川家康
徳川家康像

「守備の天才」として最も多くの票を集めた歴史上の人物は、徳川家康! しかし、評価されたのは、予想していた守備に徹した戦法や城の堅固さではなく、「逆境に強く、つらい時期もずっと我慢して乗り越えてきたような御方なので」(30代、男性)といった、「生き方」でした。その点が評価されての第1位とは、なかなか予想できなかったのではないでしょうか。

第2位は、人気武将・真田信繁 (幸村)の父、真田昌幸がランクイン。戦国好きな方なら、すでに理由はおわかりかと思いますが、「上田合戦での、圧倒的戦力差の籠城戦で(敵を)撃退する戦術、戦略は凄まじいと思います」(40代、男性)や、「徳川家に何度も苦汁をなめさせた籠城の名手だから」(20代、男性)など、大多数の方が二度の上田合戦での活躍を挙げました。第二次上田合戦では、徳川軍約4万に対し、上田城の兵は約3千ともいわれますので、その凄さがよくわかります。それにしても、家康との並びには、なんだか因縁のようなものを感じますね(笑)。

続く第3位は、築城の名人・加藤清正。こちらも戦国好きなら納得の順位ではないでしょうか。やはり、「熊本城に様々なアイディアで防御する仕掛けを施した」(50代、男性)など、難攻不落の名城・熊本城を築いたことが、「守備の天才」として高く評価されました。「築城した熊本城は近代の戦争でも持ちこたえたから」(50代、男性)と、西南戦争での堅城ぶりなどを挙げる方も。熊本地震で甚大な被害のあった熊本城ですが、一日も早い修旧作業の完了を心から望むばかりです。

次のページ
敵の大軍に屈しない男たち >



歴史街道 購入

2020年12月号

歴史街道 2020年12月号

発売日:2020年11月10日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

世界史における「最強の武人」といえば誰? ランキング

歴史街道脇本陣

「謎多き人物」と聞いて思い浮かぶ歴史上の人物は誰?ランキング

歴史街道脇本陣

「逆境に強い」 歴史上の人物といえば? ランキング

歴史街道脇本陣

歴史に大きな影響を与えた「女性」ランキング

歴史街道脇本陣

「情に厚い」歴史上の人物といえば?【投票受付中】

歴史街道脇本陣

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×