ホーム » 歴史街道 » 本誌関連記事 » 四国政策に原因? 足利義昭が黒幕? 史料が語りかける「明智光秀、謀反の真実」

四国政策に原因? 足利義昭が黒幕? 史料が語りかける「明智光秀、謀反の真実」



2021年01月15日 公開

渡邊大門(歴史学者)

 

本能寺の変の前に連絡を取り合っていた!? 足利義昭と明智光秀

本能寺の変に際して、足利義昭が背後で光秀と関係を結んでいたという説もある。

天正元年に信長と決裂した義昭は、天正4年(1576)に備後鞆(広島県福山市)に押し掛け、毛利輝元の庇護を受けた。そこに誕生したのが「鞆幕府」だ。

室町幕府の存続が強調される一方、内実は毛利氏頼みの陣容で、幕府と呼べる代物ではないという評価もある。

天正10年6月12日付の「土橋重治宛 明智光秀書状」は、「上意」つまり義昭の上洛を支援する旨を、光秀から反信長派の紀州・土橋氏に伝えたことを記す。

これにより、本能寺の変が勃発する前に、光秀と義昭が連絡を取り合っていたとされ、足利義昭黒幕説の根拠の一つとなった。しかしこの史料は、光秀が義昭の上洛への支援を表明しただけであって、二人が事前に連絡を取り合っていたと断言できない。

さらに、二人が関係を持っていたならば、義昭の最大の庇護者である毛利氏に、「光秀謀反」の情報を与えなかったことにも疑問が残る。

 

良質な史料に恵まれている「四国政策転換説」

近年、本能寺の変の要因として有力視されているのが、信長による四国政策転換説である。

当初、信長は土佐の長宗我部元親に対して、「四国の切り取り自由」を承認していた。このとき、信長と元親の間の取次を担当していたのが光秀だった。

光秀は配下の斎藤利三の義妹を元親の妻として送りこみ、互いの関係強化に努めていた。元親は天正9年(1581)頃までに、阿波・讃岐のそれぞれの一部をも支配下に収め、四国統一も目前に迫っていた。

ところが、天正9年頃に信長が四国政策を転換した。信長は元親の「四国の切り取り自由」を撤回したうえ、取次役の光秀を罷免した。これにより、元親と信長の関係は破綻し、光秀も取次役としての面目を失した。立場が危うくなった光秀は、信長を討とうと決心したという。

信長による四国政策の転換説は、良質な史料に恵まれている。

2014年に発見された「石谷家文書」には、斎藤利三が実兄・石谷頼辰の義父・空然 (石谷光政)に出した書状があり、そこには、四国政策の転換を承服しない元親を諫めるため、頼辰を派遣する旨とともに、元親の軽挙を抑えるように依頼する言葉が並べられている。

これによって、信長と元親が対立関係にあったことと、利三が元親に働きかけを行ったことが確認される。この文書の出現により、信長と元親との関係はより鮮明になったが、光秀の動機を解明したかと言えば、まだ疑問が残る。

 

***

これらの他にも、信長非道阻止説、徳川家康黒幕説、羽柴秀吉黒幕説、本願寺黒幕説、堺商人黒幕説、イエズス会黒幕説など、さまざまな説が提起された。

現段階で言えることは、どの説も良質な史料による裏付けには乏しく、決定打に欠けるということである。

このように、光秀が本能寺の変を起こした動機を探るというのは、現状極めて困難である。いずれにしても、光秀が信長に対して、なんらかの不満、恨みなどがあったということだけは言えるだろう。

 



歴史街道 購入

2021年5月号

歴史街道 2021年5月号

発売日:2021年04月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

明智光秀と稲葉一鉄の不仲が「本能寺の変」の原因?…『麒麟がくる』が描いた“微妙な伏線”

前田慶次(名古屋おもてなし武将隊)

明智光秀、美濃を追われ、越前で過ごした「謎の十年間」

小和田哲男(静岡大学名誉教授)

本能寺の変から10日間、明智光秀の足取りから見えるもの

歴史街道編集部

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×