PHPオンライン衆知 » 歴史街道 » WEB情報箱 » 幸田真音の好評連載小説「万、已むを得ず」。第一話をWebで公開中です!

幸田真音の好評連載小説「万、已むを得ず」。第一話をWebで公開中です!

2021年12月11日 公開

歴史街道編集部

日本銀行
 

大河にも登場! 渋沢栄一の孫・敬三ら、戦後財政危機に立ち向かった男たち

戦後の混乱する日本経済の危機を乗り越えるべく奔走した、渋沢敬三らを描いた長編小説、「万(ばん)、已(や)むを得ず」が『歴史街道』にて連載中です。

渋沢栄一の孫として生まれ、生物学の道へ進むことを望むも、父の廃嫡により、若くして栄一の後継者となった敬三。

彼の葛藤と成長、その歩みはいかなるものだったのか。

日本経済が危機に直面する中、敬三らはどのように立ち向かっていったのか――。

金融業界をグローバルな視点から活写し、経済を軸に近現代と斬り結んできた幸田真音が描く、長編小説です。

第一話を読む
 

幸田真音(こうだ・まいん) 略歴

昭和26年(1951)生まれ。米国系投資銀行でディーラー、外国債券セールスの経験を経て、平成7年(1995)、『小説ヘッジファンド』で作家に。平成12年(2000)に発表した『日本国債』は、日本の財政問題に警鐘を鳴らす作品としてベストセラーになり、多くの海外メディアからも注目される。平成26年(2014)、『天祐なり 高橋是清・百年前の日本国債』で第33回新田次郎文学賞を受賞。

歴史街道 購入

2022年8月号

歴史街道 2022年8月号

発売日:2022年07月06日
価格(税込):790円

関連記事

編集部のおすすめ

「歴史のナゼに対する最適解を求める」作家・冲方丁が描いた“平安時代の人間模様”

冲方丁(小説家)

直木賞候補作『火定』~時は天平、天然痘流行を食い止める医師たちを描く歴史小説

澤田瞳子

江戸の長屋で一番偉い猫のお話です

田牧大和(作家)インタビュー

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために
「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。

×