ホーム > 産業交流展2018特設サイト >  豪華著名人が登壇!産業交流展の「講演」「イベント」をご紹介

豪華著名人が登壇!産業交流展の「講演」「イベント」をご紹介

2018年10月10日 公開

THE21編集部 <PR> 提供:東京都

野口悠紀雄氏、落合陽一氏……著名人の講演は必聴!

1000を超える企業・団体が一堂に集う産業交流展。優れた技術や製品、サービスを持った企業同士の交流が促されることで、毎年、様々なイノベーションやビジネスチャンスが生まれているが、実はこの産業交流展にはもう一つの魅力がある。

それは、ビジネス界の最先端の情報が手に入るということ。会場内では会期期間中、多種多様なイベントや講演が予定されており、それらに参加したり見学することで、リアルな情報を手に入れることができるのだ。

中でも毎年大人気なのが、識者による講演だ。メインステージでは、豪華著名人による多彩なセミナーが連日行なわれる。

初日の基調講演には経済学者の野口悠紀雄氏が登場。「日本経済のゆくえ」というテーマにて、生活・経済環境の現状分析および今後の動向について、独自の切り口で問題点と解決の方向を示唆。急激に変化する時代を読み解くためには必聴の講演だ。

初日にはさらに、メディアアーティストとして各界で活躍する落合陽一氏(筑波大学学長補佐・准教授)が登場。落合氏は「高速企業」というキーワードを掲げ、昨今のテクノロジーの発達は中小企業にとって大きなチャンスになると明言。そのうえで、具体的にどのようにイノベーションを興していくかのヒントを語る予定だ。

著名人の講演は必聴!

誰もが気になる「事業承継」について、吉野家元トップが語る

2日目には東京大学名誉教授の養老孟司氏が登場。「経営者のための脳の話」というユニークなテーマにて講演を行なう予定だ。人間が知らず知らずのうちに作ってしまう「壁」(価値観)をいかに見直し、創造的な経営を実現するか。大ベストセラー「バカの壁」の著者である養老氏が、壁のメカニズムについて解説し、意識改革につながるヒントを紹介する。

3日目には、吉野家ホールディングス会長の安部修仁氏が登場。中小企業にとって関心の高い「事業承継」というテーマについて講演する。創業者から会社を引き継ぎ、自身も65歳で経営の第一線を退いて事業を後継者に委ねた氏が、吉野家の事業承継ストーリーや後継者の育成方法等、事業承継のポイントを語る予定となっている。

それらに加えて「知的財産」「SNS活用」といった「今さら聞けない」個別テーマについての講演も実施。これらに無料で参加できるのも、産業交流展の魅力なのだ。

特設ブースで効率的に情報収集を

一方、会場内では多種多様なイベントも開かれる予定となっている。

例えば、小売業や飲食業の人にとって見逃せないのが「全国食品産業フェア」。日本各地の企業や団体が、その土地の素材を使った魅力ある商品の試食・販売を行なうもの。ちなみにこれは、東京都が「日本各地との共存共栄」を目指し各地と連携して行なっている「ALL JAPAN&TOKYOプロジェクト」という産業振興施策の一環であり、今年は「食品」をテーマに展示を行なうものだ。

また、昨年好評を博したのが、注目度の高い事業を展開している企業を集約した「テーマゾーン」の設置。今年は中小企業からの関心が特に高い「企業間連携」「海外販路開拓」「事業承継」の3つのテーマに沿って企業情報を集約している。

また、海外販路開拓については別途「国際ゾーン」が設置されており、日本でのビジネス展開に積極的な海外企業による展示等が行なわれる(インド・タイ・モンゴル・中国企業等が出展予定)。国際ゾーン自体は以前からあったが、今年度からは新たに「東京都誘致企業ブース」を設置。東京都が誘致した、日本企業との連携に前向きな海外企業が10 社とのマッチングを行なう予定だ。

同じ中小企業の成功事例をベンチマークに

また、期間中に発表される「東京都経営革新優秀賞表彰式」にも注目したい。同賞は経営革新計画に基づき経営の向上を実際に成し遂げた企業を表彰するもので、まさに中小企業の最先端の成功事例を知ることができる絶好の機会なのだ。

昨年の最優秀賞受賞企業である水上印刷株式会社は、苦境が続く印刷業界にありながら、業界の枠を超えた施策にて経営を急拡大。見事、最優秀賞を受賞した。

同じような規模の企業がどのように経営改革を進めたのかのケーススタディは、必ず役に立つはず。期間中はこれら受賞企業の特設ブースも設置される予定で、直接交流することも可能だ。

その他にも、スポーツ産業の先進的な技術や製品を紹介する「スポーツ産業見本市」、中小企業の最新ロボット技術を体験できる「次世代ロボットゾーン」など、趣向を凝らした展示が行なわれる予定になっている。

ビジネスのヒントを見つけるためにも、最新の情報を手に入れるためにも、ぜひ、「東京都産業交流展」に足を運んでみてはいかがだろうか。

産業交流展2018 では、「つなげるチカラ、つながるミライ」をテーマに、優れた技術や製品、サービス、斬新なアイディアやノウハウを持った先進的中小企業が集結します。多様な人や企業のチカラを、自社の技術やサービスとつなぎ、出会いや交流を通じて、革新的な価値の創出を目指す中小企業のミライをつくるチャンスを提供します。

関連記事 <PR> 提供:東京都

経営者必読、松下幸之助著『実践経営哲学』をプレゼント!
×