ホーム > 産業交流展2019特設サイト >  はやぶさ2プロジェクト「世界を驚かせた挑戦」は中小企業の技術が支えた

はやぶさ2プロジェクト「世界を驚かせた挑戦」は中小企業の技術が支えた

2019年10月10日 公開

吉川 真(JAXA「はやぶさ2」ミッションマネージャ)

(写真撮影:まるやゆういち)

産業交流展にて開催!
「町工場社長×JAXA」特別対談直前インタビュー

2010年、日本中を感動させた「はやぶさ」の奇跡の帰還から8年。2018年6月に小惑星リュウグウに到達した「はやぶさ2」。小惑星上にクレーターを作るという異例の実験の成功で世界を驚かせた。この快挙の陰には、日本の中小企業の技術も数多く生かされているのだという。「はやぶさ2」ミッションマネージャとして最前線に立つ吉川真氏にお話をうかがった。

吉川 真
宇宙航空研究開発機構(JAXA)はやぶさ2ミッションマネージャ

1962年生まれ。栃木県栃木市出身。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了後、通信総合研究所(現在の情報通信研究機構)にて、人工衛星やスペースデブリの軌道などを研究。宇宙科学研究所に異動後は、火星探査機のぞみ、小惑星探査機はやぶさなどの軌道決定やプラネタリーディフェンスに携わる。宇宙科学研究所准教授。理学博士。

「はやぶさ」の経験が今、大いに生かされている

3億キロ先にあるわずか直径1キロほどの小惑星に到達し、物質のサンプルを回収して地球に帰還する。そんな、極めて困難なプロジェクトに挑んでいる「はやぶさ2」。現在のところ、大きなトラブルもなく順調に進んでいるという。
「これはやはり、想定外のトラブルが相次いだ前回の『はやぶさ』プロジェクトの経験を活かせていることが大きいです。やはりプロジェクトは継続することが大事だと痛感しています」
そう語るのは、「はやぶさ2」ミッションマネージャの吉川氏。
実は「はやぶさ2」プロジェクトは、「はやぶさ」帰還前の2006年にスタートした。だが、予算がなかなか通らず、実現が危ぶまれていた。
「決め手となったのは、なんといっても2010年の『はやぶさ』の帰還です。明らかに世の中の風向きが変わりました。その結果、無事に予算が通ったのです。
この経験から、情報発信の重要性を改めて感じました。ミッションマネージャには様々な役割がありますが、対外的な情報発信もその大きな仕事です。日本語はもちろん英語でも同時に発信しています」

「地球と生命の起源」が小惑星からわかる!?

世界的な関心を集める「はやぶさ2」プロジェクトだが、中でも注目されたのが、今年4月に行なわれた「衝突実験」。弾丸を発射して小惑星に人工クレーターを作るというものだ。
「我々のミッションの一つは『地球及び生命の起源を探る』ということです。地球は元々、太陽の周りのガス円盤の中にある小さな天体が集まり、一度ドロドロに溶けて、それが冷えて固まったもの。小惑星はいわば、惑星になる前の姿であり、地球の基になった物質があると考えられます。
そんな物質を採取するために、小惑星に弾丸を衝突させてクレーターを作るのです」

中小企業の技術が数々の装置に

この試みは、もちろん世界初。ここで用いられるのが「衝突装置」だ。 「円錐形の容器の中に爆薬が入っており、爆発すると底の銅板が弾丸状になって飛んでいくという構造なのですが、そこには複数の中小企業の技術が用いられています。例えばケースと銅板との溶接は、溶接を専門とする中小企業が方法を開発してくれました。その他、ケースなども、別の中小企業と共同開発しています。
こうした努力が実り、当初の3mほどという予想を大きく上回る、直径15mというクレーターを作ることに成功したのです」
このように「はやぶさ2」プロジェクトには、大小問わず多くの企業が参画している。
「世界で初めてのものを作るわけですから、仕様書を書いて渡して終わり、では済みません。
お互い何度も足を運び、数々の問題点を一緒にクリアしていく必要があります。共同開発の相手は大企業もあれば中小企業もあり、技術と熱意さえあれば規模の大小は関係ありません。
実験と修正を何度も繰り返すので、レスポンスの速さが重要です。そういった意味では、小規模なチームや企業のほうが、小回りが利いてやりやすいとも言えますね」

技術力に加えて、柔軟な「発想力」も重要

開発の過程では技術力とともに、「発想力」も重要だという。
「リュウグウへの着陸に際しては、あらかじめ小惑星上に『ターゲットマーカー』というものを降ろし、その光の反射で距離を測る方法が取られました。ただ、小惑星は重力が非常に弱く、普通に落とすとバウンドして重力を振り切って飛んでいってしまうという問題がありました。
この解決策は、小さい粒を100個以上中に入れ、バウンドを抑えるというものですが、これは『はやぶさ』を開発したときの研究者のアイディアでした。
まさに『お手玉』のようなものですが、それを実現させたのは中小企業の技術でした」

小惑星探査が隕石衝突から地球を守る?

子供の頃から宇宙や星に興味を持っていた吉川氏。大学で天文学を専攻して以降、小惑星の研究を続けてきた。
「小惑星探査には純粋に科学的な目的だけでなく、実用的な意味もあります。一つは『資源』としての利用。今後、人類が宇宙に進出する際、小惑星にある鉱物や水などの資源を利用しようというものです」
もう一つは、近年注目が高まっている『プラネタリーディフェンス』という分野だ。
「ごく稀なことですが、巨大な隕石が地球に衝突することがあります。約100年前にシベリアに隕石が落下した『ツングースカ大爆発』では、2000平方キロメートル以上の範囲の森林が破壊されました。街が一つ破壊されるくらいの範囲ですし、もし海に落ちたら、大規模な津波が起こると予想されています。
現在、世界中の研究者たちが協力し、地球にぶつかる可能性のある小惑星を探しています。今のところ見つかっていないのですが、問題はもし、見つかったらどうするかです。 その解決策として有力なのが、事前に探査機を小惑星にぶつけて軌道を変えるという方法です。今回の衝突装置の実験はある意味、その小規模なものとも言えるのです」

民間企業と手を携え研究を進めていきたい

今後の最大のミッションはもちろん、採取した物質を無事、地球に持ち帰ることだ。
「年末にリュウグウを出発し、来年末にオーストラリアにサンプルの入ったカプセルが帰還する予定です。この地球帰還カプセルにも、中小企業の技術が用いられています」
今、宇宙開発の分野には多くの民間企業が参入している。この動きを吉川氏も歓迎している。
「アメリカではスペースX社をはじめとしたベンチャーが実際にロケットを飛ばしています。
日本でも植松電機さんが素晴らしいロケットの開発を進めており、非常に頼もしく思っております。JAXAでも研究を進め、一緒に宇宙開発分野を発展させていきたいと思っています。
そして、気軽に惑星旅行ができる時代が来るといいですね。
私もぜひ、小惑星に立ってみたい。重力が弱いので、飛んでいってしまわないよう気をつけなくてはなりませんが(笑)」

【特別講演開催決定】11月15日(金)13:00~14:30
― 町工場社長 ×JAXA 対談 ―
「不可能と言われた夢を叶える」絶対条件とは

※14:00からは植松氏のみ講演予定。

植松 努 氏
株式会社植松電機 代表取締役

吉川 真 氏
「はやぶさ2」ミッションマネージャ

ロケットの打ち上げ開発に取り組み、国内外から注目を浴びている植松努氏と「はやぶさ2」ミッションマネージャ吉川真氏による特別対談!宇宙開発プロジェクトには町工場のような中小企業の部品が不可欠。中小企業の持つ実力と可能性についてトークセッションを行ないます。

その他にも豪華講演が続々!(入場無料)

  • 【11月13日(水)13:00-14:30】
  • 松本 晃氏(元カルビー会長兼CEO)
  • Change,or Die! 変化に対応せよ(仮題)
  • 【11月13日(水)15:00-16:00】
  • 山口 周氏(独立研究者・著作家)
  • 「ニュータイプ」の中小企業になるために
  • 【11月14日(木)13:00-14:00】
  • 宮内純枝氏(SkyDrive取締役)
  • 日本発 空飛ぶクルマのある未来
  • 【11月15日(金)15:00-16:00】
  • 楠木 建氏(一橋大学大学院教授)
  • クオリティ企業の条件 ほか

産業交流展2019 では、「つなげるチカラ、つながるミライ」をテーマに、優れた技術や製品、サービス、斬新なアイディアやノウハウを持った先進的中小企業が集結します。多様な人や企業のチカラを、自社の技術やサービスとつなぎ、出会いや交流を通じて、革新的な価値の創出を目指す中小企業のミライをつくるチャンスを提供します。

TOPにもどる

関連記事 <PR> 提供:東京都

×