PHPオンライン衆知 » PHP新書 » 記事アーカイブ

PHP新書 記事アーカイブ

2019年01月09日

イノベーションを妨げるパワハラ上司が、バブル経験世代に多くなる理由

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

イノベーションを妨げるパワハラ上司が、バブル経験世代に多くなる理由

イノベーションを妨げるパワハラ上司が、バブル経験世代に多くなる理由

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

部下を潰すクラッシャー上司。そんな上司が生まれる背景と、企業の将来のためにクラッシャー上司を排除しなければならない必要性を松崎一葉教授が語る。

大暴落の予兆? 大投資家ジム・ロジャーズが予言する「史上最悪の下げ相場」

世界各国の株式市場が大幅な騰落を繰り返し、不安な様相を呈している。世界三大投資家のジム・ロジャーズは、この先に世界恐慌が起こることを予測し、警告している。

2018年12月26日

韓国でカトリックが急増 ローマ法王が朝鮮半島に与える影響力

徳安茂(元外交官、在バチカン前公使)

韓国でカトリックが急増 ローマ法王が朝鮮半島に与える影響力

バチカンは世界最小の国でありながら、世界に与える影響力は大きい。ローマ法王が国際政治の主たる場面で重要な役割を担ってきた。その影響力は朝鮮半島にも及ぶ。

2018年12月25日

世界で加熱するローマ法王人気 日本人が知らない「フランシスコ効果」

徳安茂(元外交官、在バチカン元公使)

世界で加熱するローマ法王人気 日本人が知らない「フランシスコ効果」

2013年にローマ法王となったフランシスコ。その人気は世界規模で加熱し続けているという。元外交官、前バチカン大使の徳安茂氏が自身が見たその「圧倒的な人気」を語る。

2018年12月22日

ルネサンス期の画家がこぞってマリアの《受胎告知》を描いた理由

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

ルネサンス期の画家がこぞってマリアの《受胎告知》を描いた理由

ルネサンス期の画家がこぞってマリアの《受胎告知》を描いた理由

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

聖母マリアが大天使ガブリエルから妊娠を告げられる瞬間の《受胎告知》。ルネサンス期をはじめ、相当数の画家たちがこれを題材に作品を制作した。その理由とは?

2018年12月21日

"百合"はなぜ特別な花なのか? その秘められた意味

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

"百合"はなぜ特別な花なのか? その秘められた意味

"百合"はなぜ特別な花なのか? その秘められた意味

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

百合は歴史においても"シンボリック"に扱われてきた花。特に西洋絵画においては、百合が表す意味を通して、作者の意図が描き出されているという。高階秀爾氏が解説する。

2018年12月19日

大天使ガブリエルの"翼の秘密" 知られざる「天使の9つの階級」

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

大天使ガブリエルの"翼の秘密" 知られざる「天使の9つの階級」

大天使ガブリエルの"翼の秘密" 知られざる「天使の9つの階級」

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

天使には翼が無かった!? 1,500年の長きにわたり名だたる画家に描かれ続けて「受胎告知」。この場面に登場する大天使ガブリエルに翼がある理由とは? 天使の9つの階級とは?

2018年12月12日

アップルがサブスクリプション化を急ぐ理由

永井孝尚(マーケティング戦略コンサルタント)

アップルがサブスクリプション化を急ぐ理由

アップルがサブスクリプション化を急ぐ理由

永井孝尚(マーケティング戦略コンサルタント)

「所有」から「利用」へとビジネスモデルがシフトしていると言われる。そのなかで、成長を続けるアップルやアマゾン。その原動力は「サブスクリプションモデル」だという。

2018年12月10日

ニトリが「お、ねだん以上」を実現できた、知られざる裏側

永井孝尚(マーケティング戦略コンサルタント)

ニトリが「お、ねだん以上」を実現できた、知られざる裏側

ニトリが「お、ねだん以上」を実現できた、知られざる裏側

永井孝尚(マーケティング戦略コンサルタント)

「値段の割に質が良い」。このイメージで市場の勝者となった代表がニトリとユニクロだ。そのビジネスモデルの裏側を、マーケティング戦略コンサルタントが解説する。

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

TOP » PHP新書 » 記事アーカイブ

×