PHPオンライン衆知 » PHP新書 » 記事アーカイブ

PHP新書 記事アーカイブ

増税を主張する官僚の本音 資産が「天下り」に使われている現実

財務省は「財政破綻を防ぐために消費増税をする」という。だが日本には売却できる資産があり、それを売れば借金は返せる。にもかかわらず売却を拒むのは、政府関係機関を売ってしまうと天下り先が減るからだ。官僚の身勝手なウソを暴く。

2019年02月15日

財務省の消費増税論は世界の非常識

高橋洋一(嘉悦大学教授)

財務省の消費増税論は世界の非常識

財務省の消費増税論は世界の非常識

高橋洋一(嘉悦大学教授)

国の財政は「負債」だけでなく、「資産」と併せて見るのが世界の常識。日本は資産が十分にあり、したがって財政破綻国ではない。「財政破綻を回避するため消費税を上げる」という財務省のロジックは、私たちを騙すトリックにすぎない。

2019年01月31日

年金で最もトクする"支給開始の年齢" 調べてわかった「損益分岐点」

荻原博子(経済ジャーナリスト)

年金で最もトクする"支給開始の年齢" 調べてわかった「損益分岐点」

希望すれば60歳から70歳のあいだで、支給開始時期を自由に選べる年金制度。最もトクとなる開始年齢は? 経済ジャーナリストの荻原博子氏が「損益分岐点」をさぐる。

2019年01月30日

狙われる退職金! "投資に向いていない人"の「3条件」

荻原博子(経済ジャーナリスト)

狙われる退職金! "投資に向いていない人"の「3条件」

「借金をしてでも投資をすべきなのか?」 経済ジャーナリストの荻原博子氏は、「今は投資すべきではない」と語る。一方で、それでも投資をしたい人へ3つの条件を提示している。

2019年01月23日

定年前のちょっとした工夫で、年金額をグンと増やす裏ワザ

荻原博子(経済ジャーナリスト)

定年前のちょっとした工夫で、年金額をグンと増やす裏ワザ

年金のことは気になっても、実は制度をフル活用している人は少ない。年金の受給開始までに少し工夫することで、もらえる年金額をアップさせるコツを荻原博子氏が教える。

2019年01月16日

「気づいた時にはもう遅い」大投資家ジム・ロジャーズが予見する金融危機

ジム・ロジャーズ(訳:大野和基)

「気づいた時にはもう遅い」大投資家ジム・ロジャーズが予見する金融危機

経済危機の始まりは知らず知らず起こり、そして世間が騒ぎ始めた頃には手遅れになる。今、その状況が近づいている。世界3投資家のジム・ロジャーズが指摘する「迫り来る危機」とは?

2019年01月10日

宗教統制を強化する中国 それでもローマ教皇とバチカンが見せる自信

徳安茂(元外交官、在バチカン前公使)

宗教統制を強化する中国 それでもローマ教皇とバチカンが見せる自信

ローマ法王・フランシスコの来日の可能性が高まっていると言われる。圧倒的な世界人気を誇る法王。だが、その横顔は単なる"庶民派"法王ではない、と徳安茂氏は語る。

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

TOP » PHP新書 » 記事アーカイブ

×