ホーム » THE21 » インタビュー » 「フィジカル・コンディション」はすべての仕事の基本となる

「フィジカル・コンディション」はすべての仕事の基本となる



2015年08月19日 公開

安渕聖司(日本GE〔株〕代表取締役/GEキャピタル社長兼CEO)

40歳を過ぎたら、体調管理=資産管理と心得よう

世界最大級の金融サービス・プロバイダーであるGEキャピタル。その日本での事業を統括するのが、社長兼CEOの安渕聖司氏だ。時代の変化に対応するためスピーディな決断を迫られることの多い中、すべての仕事の基本となる「フィジカル・コンディション」を整えることの重要性を説く。そのために毎日の生活の中で行なっていることについてうかがった。<取材・構成=塚田有香 写真撮影=長谷川博一>

 

規則正しい朝型生活で常に体調を良好に保つ

世界最大規模の複合企業GEにおいて、日本の金融サービス事業全般を担うGEキャピタル。その社長兼CEOを務める安渕聖司氏は、世のビジネスパーソンにとってまさにお手本と言えるような体調管理術を実践している。三年前にインフルエンザで数日間の自宅待機になったとき以外は、社会人になってから病気や体調不良で仕事を休んだことがないという安渕氏。とくに四十代になってからは、フィジカル・コンディションの重要性を以前にも増して実感するようになったと語る。

「私は45歳でUBS証券に転職し、50歳でGEに入社しました。いずれの時も責任あるポストを与えられ、仕事で結果を出すことをより明確に求められる立場になったのです。
プロフェッショナルとして常にベストなパフォーマンスを発揮するには、やはり体調を万全にすることが不可欠です。
私は若い頃にアレルギーがあり、そのために仕事に集中できない時期があったので、40代半ばから体質改善を含めて本格的に体調管理に取り組むようになりました。
その結果、30代や40代前半の頃より、今のほうがフィジカル・コンディションを良い状態に維持できています」

安渕氏の体調を支えているのは、規則正しい生活だ。若手の頃は夜遅くまで仕事をしていたこともあったが、現在は朝型の生活にシフトしている。

「起床時間は毎朝六時で、これは出張などで自宅を離れる場合も変わりません。夜は23時半から24時の間に就寝して、六時間は睡眠を確保します。
これが平日のパターンですが、休日も生活のリズムを崩さないよう気をつけています。朝は少しゆっくり起きますが、それでも7時半くらい。一週間の中で大きな時差を作らないよう心がけると、月曜の朝も平日のリズムにすっと戻れるので、週のはじめから万全の体調で仕事に取り組むことができます。
出社前のスケジュールも毎朝同じです。6時に起きたら、食事前に体重を測り、大きな変動がないかを確認します。朝食はいつも6時半から。自然なものや旬のものを摂るよう心がけているので、季節の野菜やきのこ類、フルーツをよく食べます。ドレッシングは使わず、野菜にかけるのはビネガーのみ。あとは卵やハム・ソーセージなどで動物性タンパク質を補います。最近はこれに加えて、眼に良いとされるブルーベリー酢を牛乳で割ったものを飲んでいます。
朝はパンやご飯などの炭水化物は食べません。昼食にはどうしてもご飯ものや麺類が多くなるので、カロリーの摂り過ぎにならないよう、朝は炭水化物を控えています。
朝食は一日のリズムを作るために大切な時間です。午前中の効率が一日の効率を決めますから、会社に着いてすぐにフル回転で仕事をこなすには、やはり朝食を摂ってエネルギーを補給することが不可欠です」

 

<安渕氏のある日の朝食>


8年ほど前から現在とほぼ同じメニューを食べているという安渕氏。季節の野菜やきのこ類を中心に、満腹になりすぎないボリュームを心がけている。旬のフルーツも積極的にとるよう心がけていて、写真は桃にヨーグルトをかけたもの。

 

次のページ
朝食後に軽い運動。 一日で8000歩歩く >



著者紹介

安渕聖司(やすぶち・せいじ)

日本GE代表取締役/GEキャピタル社長兼CEO

1979年、早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱商事入社。90年ハーバード・ビジネススクールMBA修了。99年、米投資ファンド、リップルウッドの日本法人立ち上げに参画。2001年、UBS証券会社入社。投資銀行本部の運輸および民営化責任者として、多くの大型案件を手がける。06年、GEコマーシャル・ファイナンスにアジア地域事業開発担当副社長として入社。07年、GEコマーシャル・ファイナンス・ジャパン社長兼CEOに就任。09年、GEキャピタル社長兼CEOに就任し、日本の金融サービス事業全般を統括。

THE21 購入

2021年5月号

The21 2021年5月号

発売日:2021年04月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

プライドに訴える「伝え方」が首相を動かした

土井香苗(弁護士/ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表)

マッキンゼー流「一瞬でつかむ」伝え方の極意

籠屋邦夫(ディシジョンマインド代表)

職場の健診では不十分! 初めての「人間ドック」入門

山門 實(日本人間ドック学会副理事長)

ランキング情報に頼らない病院選び

小林修三(湘南鎌倉総合病院副院長)

適応障害とは――「新しい環境になじめない」人の心の病

岡田尊司(精神科医)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×