ホーム » THE21 » トピックス » 今、あなたがすべき「資産運用」とは?

今、あなたがすべき「資産運用」とは?



2015年08月25日 公開

泉 正人(ファイナンシャルアカデミーグループ代表)

 

自分の「お金の教養」のステージを知ろう!

 投資に興味がある人なら、どんな対象に投資をすれば良いのか、情報を集めたり勉強したりしていることだろう。しかし、それよりも先にするべきことがあると泉正人氏は指摘する。それは、自分の「お金の教養」のステージを知ることだ。自分のステージに合わない投資をすれば、結果は失敗に終わると言う。どういうことなのか、お話をうかがった。

 

株式投資への関心が高まる。不動産投資も依然人気

 アベノミクスが始まってから2年半。個人投資家の熱気はいまだ冷める気配がないようだ。泉氏が代表を務める総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」にも、投資を学ぶために訪れる受講生が後を絶たない。

「3年前までは、受講生の中で投資に前向きな人は、全体の2割程度だったと思います。将来への不安から投資信託の長期保有をするなど、守りの資産運用を考えている人が多かった。

 それが、今は7〜8割が投資に前向きな印象です。とくに関心が高いのが株式投資。個別株への積極的な投資を考える人が増えています。アベノミクスで株式市場が活況を呈しているというイメージが広がっているからでしょう」

 株式投資に次いで関心が高いのは不動産投資だそうだ。とくに若い世代にその傾向が強い。

「不動産投資に関心がある人は、アベノミクスと関係なく、以前から一定数いました。彼らの目的は『自分年金』作り。若い人ほど年金への不安が強いため、不動産投資で家賃収入を得て、自分年金にしようと考えているのです。

 ただ、不動産投資は、株式投資よりも元手が多く必要になります。私は、300万円の手持ち資金ができてから始めることを勧めています。それくらいの資金があれば、融資を受けて500万円くらいの物件が買えます。そこからの家賃収入を元手にして保有物件数を増やしていくのがセオリーです」

次のページ
成功するポイントは自分のレベルを知ること >



著者紹介

泉 正人(いずみ・まさと)

ファイナンシャルアカデミーグループ代表

一般社団法人金融学習協会理事長。日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、義務教育で終わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指している。

THE21 購入

2021年6月号

The21 2021年6月号

発売日:2021年05月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

デフレ時代のマインドのままではお金を増やすことはできない

松本 大(マネックス証券代表取締役社長CEO)

手軽にできる「節約のコツ」11

和田由貴(節約アドバイザー)

好景気の今こそ、「自分のお金と生活」を守る対策を!

森永卓郎(獨協大学教授)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×