PHPオンライン衆知 » THE21 » インタビュー » 孫正義はなぜ「未来」を予測できるのか?

孫正義はなぜ「未来」を予測できるのか?

2015年08月31日 公開

三木雄信(ジャパン・フラッグシップ・プロジェクト社長)

ソフトバンクを成長させた「くじ箱戦略」とは?

「くじ箱戦略」は、いたってシンプル。「当たりが出るまで、箱からくじを引き続ける」、これだけです。

お祭りに、1回100円で引けるくじ箱があったとします。あなたは100円を払って、くじを引きましたが、はずれでした。手持ちのお金はそれしかなかったので、もうくじを引くことはできません。

ところが、たまたま気前のよい親戚のおじさんが通りかかり、「当たりが出るまで引いていいよ」と言ってくれたとしましょう。あなたは10回、20回と、何度でもくじを引くことができます。そのくじがインチキではない限り、いつか必ず当たりを引くことができるわけです。

「そんなのずるい!」と思うかもしれませんね。でも、周囲から「運がよい」と思われている人は、これと同じことをやっているのです。

「くじが当たるまで引き続ける」――実はこの原則は「リアル・オプション」という経営理論にもとづいています。

ちゃんと理解しようとすると、なかなか難しいのでここでは詳細を割愛しますが、孫社長と私はこの理論についてしばらく研究していた時期があります。この理論の専門家である大学教授にレクチャーを受けに行ったこともありました。

おそらく孫社長は、それ以前から直感的に「くじ箱戦略」の原則に従って行動してきたのでしょう。そして理論的にも、「くじ箱戦略」は間違っていないことがわかった。それからは確信を持ってくじをどんどん引き続け、ソフトバンクを大企業へと成長させていったのです。

 

1回のコストを下げれば、よりたくさんの失敗ができる

<当たりの確率を高めるための3つのポイント>

この「くじ箱戦略」には、ポイントが3つあります。

1 当たりが多そうなくじ箱を選ぶ

2 くじを引くコストを下げる

3 くじを引き続ける

孫社長が創業期のYahoo! を発掘できたのも、まさにこの三つのポイントを押さえたからです。

実は1990年代のソフトバンクは、アメリカで成功している企業や事業と組んで、ジョイントベンチャーを次々に作っていました。Yahoo! JAPANも、その一つです。

「アメリカで成功しているビジネスは、日本でも成功する確率が高い。つまり当たりが多そうなくじ箱だから、どんどん引いていこう」孫社長はそう考えたわけです。当時の孫社長は「条件に合う企業すべてとジョイントベンチャーを作れ!」と指示を出していたほどです。

ジョイントベンチャーという形を選んだのにも理由があります。それは「安く作れるから」。ジョイントベンチャーへの出資比率は交渉次第なので、2割や3割といった低い割合で済むこともあります。つまり、2番目のポイントである「くじを引くコストを下げる」もしっかり押さえたことになります。

それに、1回あたりのコストが下がれば、たとえ外れてもダメージは最小限で済みます。孫社長も大胆なように見えて、実は「失敗しても会社が潰れることはない」という範囲でしかチャレンジしません。

「勝率は7割でいい。あとの3割が失敗しても、すぐに撤退すれば問題ない」

これが孫社長のモットーです。だからこそ、3割は失敗しても大丈夫なように、1回あたりのくじのコストをできるだけ下げる努力を惜しまないのです。

ただし、いくら当たりの多い箱を選び、くじを引くコストを下げても、1回や2回引いただけで当たりが出るとは限りません。

最初の9回がはずれでも、10回目に当たりが出るかもしれない。だから、3番目のポイントである「くじを引き続ける」が大事なのです。

当然、孫社長もたくさんの外れを引いています。それでもしつこく、あきらめずにくじを引き続けました。

「もうこの辺でいいかな」などと妥協しなかったから、多くの大当たりを引くことができたのです。

次のページ
そもそもなぜ、孫社長はIT業界を選んだのか? >

著者紹介

三木雄信(みき・たけのぶ)

トライオン〔株〕代表取締役社長

1972年、福岡県生まれ。東京大学経済学部卒業。三菱地所㈱を経て、ソフトバンク㈱に入社。27歳で同社社長室長に就任。孫正義氏の下で「Yahoo!BB事業」など担当する。 英会話は大の苦手だったが、ソフトバンク入社後に猛勉強。仕事に必要な英語だけを集中的に学習する独自のやり方で「通訳なしで交渉ができるレベル」の英語をわずか1年でマスター。2006年にはジャパン・フラッグシップ・プロジェクト㈱を設立し、同社代表取締役社長に就任。同年、子会社のトライオン㈱を設立し、2013年に英会話スクール事業に進出。2015年にはコーチング英会話『TORAIZ(トライズ)』を開始し、日本の英語教育を抜本的に変えていくことを目指している。2017年1月には、『海外経験ゼロでも仕事が忙しくでも 英語は1年でマスターできる』(PHPビジネス新書)を上梓。近著に『孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術』(PHP研究所)がある。

THE21 購入

2021年12月号

The21 2021年12月号

発売日:2021年11月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「フィジカル・コンディション」はすべての仕事の基本となる

安渕聖司(日本GE〔株〕代表取締役/GEキャピタル社長兼CEO)

「孫子の言葉」が経営者に求められ続ける理由とは?

守屋 淳(中国古典研究家)

これから10年、伸びる業界・沈む業界

池上浩一(野村ホールディングス シニア・コミュニケーションズ・オフィサー)、渡邉正裕(ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×