ホーム » THE21 » トピックス » 放っておくと危ない! あの病気の「意外な予兆」

放っておくと危ない! あの病気の「意外な予兆」



2015年09月30日 公開

市川純子(医学ジャーナリスト)

《健康を維持するためには、症状が出る前に、健康診断や精密検査で病気を見つけることが大切だ。また、もし症状が出たら、すぐに病院を受診するべきだろう。

しかし、症状が出ているにもかかわらず、そのことに気がつかないケースもある。ここでは、知っておかなければ気がつきにくい、重大な病気の予兆を紹介しよう。》

※本稿は『THE21』2015年9月号より一部抜粋・編集したものです

 

左肩が痛い→「狭心症」の可能性!

狭心症は、心臓へ血液を送る冠動脈が狭くなって心筋が酸欠状態になることで、発作的に圧迫感や痛みを感じる病気です。普段から運動をしていない人が突然、激しい運動をしたり、ひどく興奮したりしたことをきっかけに起こることがあり、命にも関わります。

一般的には胸部への圧迫を感じますが、左肩から胸にかけてのだるさ、胃やみぞおちの痛み、左顎や左の奥歯の痛みを感じることもあります。また、痛む場所があまりはっきりとしないこともあります。

痛みが治まったからといって安心せず、循環器の専門医にかかってください。

 

首にアザ→「肝硬変」の可能性!

肝硬変は、B型やC型の肝炎ウイルス、NASH (非アルコール性脂肪性肝炎)、アルコールなどが原因で肝臓が線維化し、機能が低下する病気です。こうなると、出血時に血が止まりにくくなるため、アザができやすくなります。どこでぶつけたのか身に覚えがないのにアザができている場合は、注意したほうが良いでしょう。

肝硬変が進むと、前胸部や肩、上腕の血管がクモが足を伸ばしたように浮き出る「クモ状血管腫」が現われることもあります。肝硬変は進行すると肝臓がんに至る例も少なくありません。血液検査などで早期に発見し、早期に治療することが大切です。

 

目がかすむ→「糖尿病」の可能性!

「最近、年齢のせいで目がかすむようになった」と感じている人もいるかもしれませんが、もしかすると病気による視力低下かもしれません。

視力が低下する目の病気にはいろいろなものがありますが、気をつけたいものの一つが糖尿病性網膜症です。これは失明にもつながる病気で、糖尿病の三大合併症の1つに数えられています。高血糖の血液が、網膜の細い血管を傷つけることで起こります。

眼科で眼底を検査すると、初期には網膜の小さな出血や白斑などが見られます。眼科での精密検査や経過観察とともに、内科での糖尿病治療が必要になります。

 

急な吐き気→「急性緑内障発作」の可能性!

日本における失明の原因の第1位である緑内障は、眼圧が上昇し、視野が狭くなる病気です。基本的には緩やかに進行し、視野が狭くなっていることに気がつかないまま悪化してしまうことが多いのですが、急激に眼圧が著しく上昇する「急性緑内障発作」が起こることもあります。この場合は、目のかすみ、充血、眼痛の他に、頭痛や吐き気を感じることがあります。

緑内障によって失った視野や視力は治療で回復することはできず、現在の医療では進行を遅らせることしかできません。ほとんど自覚症状がないだけに、早期発見のためには、定期的に検査を受けることが必要です。

次のページ
二の腕が痛い→「肺がん」の可能性! >



THE21 購入

2020年11月号

The21 2020年11月号

発売日:2020年10月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

顔に病気はあらわれる?!~貧血、肝臓病、腎臓病、血流不全

石原結實(医学博士、イシハラクリニック院長)

耳たぶにあらわれる動脈硬化、糖尿病のサインとは?

石原結實(医学博士、イシハラクリニック院長)

妙にハイテンションに、会話が一方的に…知らず知らずに現れる「あの病気の兆候」

小野寿々子(ライター)、屋代隆(医療監修:自治医科大名誉教授)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×