ホーム » THE21 » スキルアップ » ノートとの連動で、タスクも思考も一元管理する「手帳術」

ノートとの連動で、タスクも思考も一元管理する「手帳術」



2015年11月09日 公開

舘神龍彦(手帳評論家)

スケジュール管理だけが使い道ではない!

 デジタルがこれだけ発達しても、紙の手帳の愛用者はまだまだ多い。しかし、スケジュール管理以上のことに、手帳を役立てている人はどれだけいるだろうか? 実は、紙の手帳は情報と思考の整理にも大いに役立つのだ。1日1ページ手帳を使った方法を、手帳評論家の舘神龍彦氏にうかがった。

 

ノートへの「リンク」を手帳に貼る

 手帳とは、言ってみれば「ソフトウエアが定義されていないハードウエア」です。「時間軸」というゆるいOSが入っているので、スケジュール帳として予定を管理したり、TODOを管理したりするのに適していますし、日記帳やライフログとしても使えます。とはいえ、どこに何を書き込むかは自由だし、線を引いたり、チェックボックスを作ったりと、自分なりにカスタマイズもできる。それが手帳という情報ツールの特徴です。「ほぼ日手帳オリジナル」のような流行の1日1ページタイプなら、なおさらです。

 では、どのように手帳を使えば、情報や思考をうまく整理できるのか。私の場合は、手帳とノートを連動させています。手帳には予定とタスクを記入し、一方、クライアントへの提案や打ち合わせで話す内容など、思考を整理するためのメモは別のノートに書くのです。

 このノートに書く情報は、「1テーマにつき1見開き」で整理しています。最初のページに目次を作り、「1.A社第2弾」「2.B社新企画」といったタイトルを見開きごとにつけておきます。そのうえで、スケジュールとノートを連動させるため、タスクを書く際に、「どのノートのどの見開きを参照すればよいか」もあわせて書いておくのです。

 たとえば、A社へのプレゼンを手帳のTODOに書き込んだら、その横に「ノートvol.2 の見開き1を参照」と書く。それを見て、ノートの該当ページを開けば、「A社への新商品プレゼン」のメモにたどり着けます。

 スケジュール管理用の手帳と思考整理用のノートを分けるのは、別冊のノートならどんどん冊数を増やせるから。後ろに分厚いメモページがついている手帳もありますが、おそらく多くのビジネスマンには、それでは足りないのではないでしょうか。別冊にすれば、1冊終わってもまた新しいノートに差し替えられるし、通し番号をつけておけば過去の情報にもさかのぼれます。

 ただし、せっかく連動させた情報は、手帳とノートを一緒に携帯してこそ有効活用できます。私は、手帳と同じA4スリムサイズの薄くて軽いノートを選び、手帳のカバーに差し込んで持ち運んでいます。

 

次のページ
アイデア用の手帳にはクラウドも活用 >



著者紹介

舘神龍彦(たてがみ・たつひこ)

手帳評論家

神奈川県生まれ。〔株〕アスキーを経て、ライター・編集者として活動。手帳全般のトレンドや活用術について講演や執筆を手がける他、手帳・文具メーカーのコンサルティングにも携わる。手帳活用の基本をまとめた「手帳音頭」を作詞作曲し、YouTubeで公開している。また、2016年版の成美堂出版の手帳で手帳術指南の冊子を担当。

THE21 購入

2020年10月

The21 2020年10月

発売日:2020年09月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

ANA整備士が実践する整理・整頓術

効率が格段にアップする! 「トヨタ流」整理・整頓術

〔株〕OJTソリューションズ

「迷わない」ためにモノを絞り込む整理術

村上太一(リブセンス社長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×