ホーム » THE21 » スキルアップ » 頭の中を整理する「付箋」の使い方

頭の中を整理する「付箋」の使い方



2015年11月26日 公開

平本あきお(〔株〕チームフロー代表)

 

TODO管理も付箋でできる!

 私はTODO管理にも付箋を使っています。やるべきタスクを付箋1枚につき1つずつ書き出し、A4サイズの画用紙に貼って持ち歩いているのです。

TODOを管理している紙。カラフルな付箋が並ぶが、ジャンルやテーマ別に色分けをしているわけではない。ルールを決めると「このタスクは赤だろうか? 青だろうか?」と迷って手が止まってしまうので、その時々で好きな色に自由に書き込んでいる。

 何かを思いつくときは、「電球が切れたから新しいのを買おう。あ、そういえば、明日の会議でBさんに日程変更の相談をしなくちゃ」というように、脈絡のない思考が一気にあれこれ浮かんでくるもの。それを最初から整理するのは無理なので、とりあえず付箋にそれぞれ書き出し、紙に貼るときに「買い物」「メンバーへの伝達事項」などのグループにまとめます。さらにグループ内で優先順位をつけ、付箋をその都度、並べ替えれば、常にTODOが管理されている状態になります。

 私は、日々の中で思いついたアイデアや気づき、心に残った言葉なども付箋に書き留めています。それをTODO管理用の紙の裏側に貼っていき、2~3週間ごとに見返す。ずっと残しておきたいものは別の紙に貼り替えて「殿堂入り」のファイルに入れ、何度も見返して頭に定着したものは捨ててしまいます。

 このように、付箋は決まったルールやフォーマットがなく、使い方を工夫できるのが利点です。ぜひ皆さんも、自分に合った使い方を見つけてください。

ミーティングでも付箋が有効。議論を整理し、共有することができる。

 

《取材・構成:塚田有香》
《『THE21』2015年11月号より》



著者紹介

平本あきお(ひらもと・あきお)

〔株〕チームフロー代表取締役

1965年、兵庫県生まれ。東京大学大学院修士課程(心理学専攻)修了。米国のアドラー心理学専門大学院で修士課程を修了。2001年に帰国後は、北京五輪の金メダリストやメジャーリーガーなどのトップアスリートや経営者、ビジネスマンなど、のべ3万人にコーチングや研修を実施。著書に『勝手にモチベーション』(KKロングセラーズ)、『フセンで考えるとうまくいく』(現代書林)など。

THE21 購入

2020年6月号

The21 2020年6月号

発売日:2020年05月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

アイデアを”もっとラクに”生み出す6つの方法(前編)

できる人が「方眼ノート」を使う理由

高橋政史(クリエイティブマネジメント代表取締役)

「メモ」の達人が教える12のテクニック

坂戸健司(ビジネスプランナー)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。