ホーム » THE21 » インタビュー » 「会社のための勉強」では英語は身につかない!

「会社のための勉強」では英語は身につかない!

2016年02月12日 公開

大谷弘子(日本ケロッグ合同会社執行役員)

英語学習は「目的」が何より大事

 

 

シリアルでおなじみの日本ケロッグで執行役員兼マーケティング本部長を務める大谷弘子氏は、イギリス留学でMBAを取得し、海外勤務経験も持つなど、グローバルに活躍している。しかし、帰国子女でもなく、英語を本格的に学び始めたのは社会人になってからだ。どのような方法で続けてきたのだろうか?《取材・構成=塚田有香、写真撮影=まるやゆういち》

 

英語学習は社会人になってからスタート

シリアルなどの輸入・製造販売を手がける日本ケロッグ。マーケティング本部長の大谷弘子氏は、日本国内のマーケティングだけでなく、アジア・パシフィックの各国と連携したプロジェクトにも携わる人物。前職では海外赴任の経験も持つ国際経験豊富なリーダーだ。

「私が英語学習を本格的に始めたのは、社会人になってからです。学生時代は留学経験もなければ、日常で英語を使う機会もまったくありませんでした。

ただ、子供の頃から海外への憧れはずっと抱いていました。とくに、『兼高かおる世界の旅』という紀行番組が大好きで、『自分もいつか海外とつながる仕事がしたい』と漠然と考えていたのです。自分も社会人になり、その思いが蘇ってきたことが、英語学習を始めるきっかけでした」

 

そこで社会人二年目の時、当時勤務していた会社が提供する英語学習プログラムに参加。希望者が試験を受け、合格した人は会社が授業料を出して英会話学校に通わせてくれるというもので、大谷氏も一員に選ばれた。

「朝7時半から8時10分までの40分コースで、出社前に週に3回から4回通いました。アメリカ人のネイティブ講師がビジネス英語を教えるコースで、5~6人で受講するグループレッスン。これを1年間続けました。

ただ、英語を習得するにはそれだけでは足りないと考え、当時放送されていたNHKラジオ講座『やさしいビジネス英語』も聞き始めました。夜十時台の放送を聞き、さらに放送の録音テープも購入して、通勤の行き帰りにウォークマンで聞いて、お手本と同じスピードで口に出す。

もちろん最初はついていけませんが、その月の放送分を何度も繰り返し話しているうちに、約一カ月後には大体同じスピードで話せるようになりました。電車内でも、道を歩いている時でもやっていたので、周囲からは何かブツブツ言っている変な人と思われていたかもしれません(笑)」

 

「会社に言われたから」では英語学習は続かない

早起きして英会話学校へ通い、すき間時間も地道に学習を続けるには、高いモチベーションがなければ難しいはず。だが大谷氏は「この時点では全然英語が楽しくなかった」と明かす。

「とにかく最初は、人が言うことを聞き取れないし、自分が言いたいことも口から出ない。それがものすごくストレスでした。途中で『私は英語の才能がないから、もうやめようかな』と思ったこともあります。

それでも続けていたら、3年ほど経ったある日、突然英語が聞き取れるようになったのです。自宅でCNNのニュースを流していたのですが、ふいに『あれ? 意味がわかる!』という瞬間が訪れて、自分でもびっくり。それからは英語が楽しくなりました。

楽しくなかった時期も挫折しなかったのは、やはり『海外へ行く夢を諦めたくない』という一心。英語学習が続かない人は、『昇進に必要だから』『会社にTOEICを受けろと言われたから』といった事情で、仕方なく勉強しているケースが多いのではないでしょうか。それではやる気を出すのも難しいでしょう。

私の場合は、海外への憧れがモチベーションだったので、英語を勉強するのはあくまで自分のため。会社のためでも、他人と勝ち負けを競うためでもありません。誰かに強制されたことはなく、ただ自分がやりたいことのために英語を続けてきた。それが良かったのでしょう。

皆さんも、たとえ英語学習のきっかけは会社からの指示だったとしても、『せっかく英語を学習するのだから、その英語力を使って自分は何をしたいか』を改めて考えてみることをお勧めします。

『自分は英語を使ってこれがやりたい』というものがあれば、勉強することが次第に楽しくなるはずです」

 

 

次のページ
英語で話すことに完璧さは必要ない >



著者紹介

大谷弘子(おおたに・ひろこ)

日本ケロッグ合同会社執行役員/マーケティング本部長

1964年、埼玉県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、日系の大手通信企業に入社。英国エジンバラ大学経営大学院でMBA取得。外資系飲料・食品メーカーでブランドマーケティングを担当。食品メーカー勤務時には2005年から2年半、シンガポールのアジア・パシフィック本社に赴任。13年、日本ケロッグ入社。マーケティング本部長として『厳選素材 フルーツグラノラ』などのヒット商品を手がけ、同社のシリアルビジネスの2桁成長に貢献。14年より執行役員。

THE21 購入

2020年4月号

The21 2020年4月号

発売日:2020年03月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「英語が続かない」悩みに答えます!

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)

英語の壁は「使って楽しむ」ことで乗り越えられる

小暮真久(TABLE FOR TWO International代表)

英語を楽しむ! お勧めアプリ7選

THE21編集部
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。