ホーム » THE21 » スキルアップ » 「価値ある人脈」を築くためのノウハウ

「価値ある人脈」を築くためのノウハウ



2016年01月25日 公開

内田雅章(TOP CONNECT代表)

 

<続ける>
「3つのメリット」で関係を強化する

 初対面で意気投合しても、そこから先の人間関係へと発展しなければ意味がありません。人脈を継続していくうえで重要なキーとなるのは、「相手にメリットを与える」ことです。必ずしもビジネス上の利益である必要はありません。たとえば、プライベートの名刺からカメラやテニスの話で盛り上がったのなら「今度、仲間内で撮影会を開くのですが、ご一緒しませんか?」「テニス、よろしかったらお教えしますよ」などと、自分が相手に提供できることを示すのです。

 人脈を維持するためには、相手に「人」「機会」「情報」を提供することです。

「人」とは、相手に誰かを紹介してあげること。「機会」は、その人が興味を持ちそうな場に招待したり、セッティングしたりすること。「情報」とは、その人にとってメリットになる情報を教えてあげることです。

 もし相手にこうしたメリットを提供することができなくても、少なくとも「この人とまた会いたい」と思われる人物になれるよう心がけましょう。

「この人と話していると楽しい」「自分のことを褒めてもらって、自信が湧いた」などのプラスの感情を抱いてもらえれば、相手の印象に強く残り、人脈はつながっていきます。

 人脈がなかなか続かない人にありがちなのは、人脈を自分が何かを得るためだけの一方通行のチャンスと捉えていることです。頼みたいことがあるときだけ連絡する。これでは、相手も快く動いてくれません。日頃から公私を問わず、相手に提供する気持ちや気遣いがあるからこそ、困ったときに手を差し伸べてくれたり、人を紹介してくれたりと、親身になって便宜を図ってくれるのです。

 ときどき、仕事は大してできないのに、なぜか取引先に気に入られる人がいます。こういう人は仕事以外の面で相手にメリットを提供する能力が高いのです。こうした人脈力は、意識さえすれば誰でも磨くことができるスキルなのです。

次のページ
<広げる> 「引き出しの多さ」は武器になる >



著者紹介

内田雅章(うちだ・まさあき)

TOP CONNECT代表

1970年、愛知県生まれ。94年、早稲田大学商学部卒業後、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。2000年に退行後、マンションデペロッパー、仕出し弁当販売、銀座のクラブ経営などを経て、04年、㈱就職課を設立。14年、TOP CONNECT(株)を設立し、トップダウン営業支援サービスを展開中。著書に、『図解「人脈力」の作り方』(講談社+α文庫)など多数。

THE21 購入

2021年6月号

The21 2021年6月号

発売日:2021年05月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

40代からの人脈作りに必要なものは?

山本真司(経営コンサルタント)

「出世する人」が身につけている「ワンランク上のマナー」

西松眞子(Carpe Diem代表)

“いざ接待”のときに慌てない!

篠原あかね(マナー講師)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×