PHPオンライン衆知 » THE21 » インタビュー » オールウェイズ!  ルー語で英語は楽しくなる

オールウェイズ!  ルー語で英語は楽しくなる

2016年03月09日 公開

ルー大柴(俳優)

日常会話をルー語化していこう

 1年間の濃い冒険を経て帰国したルー氏。「あの日々はブラッドアンドミートになっています」とルー語で振り返る。10代で経験した英会話の世界は、どのようにして「ルー語の世界」へと実を結んだのだろうか。

「芸能活動をする上で、英語交じりで話すキャラは面白い、という感覚はありました。ほかにそうした芸風の人はいませんでしたし、簡単な英語ですから通じない心配もない。そういうわけでなんとなく話していたのですが、本格化したのは50代を過ぎてから。10年前から仕事をトゥギャザーしているマネージャーが、もっと積極的に強調しよう、と提案してくれたのです」

 以降、「藪からスティック」など、現在誰もが知るルー語が次々に生まれた。日々の会話に意識的に英単語を取り入れるようになり、60歳を超えた今でも、語彙はさらに増えているという。

「『エクスペリエンス』など、めったに使わなかった単語がなじみ深いものに。普段話している言葉をピンポイントで英語に変えていくのは楽しいですね。塵も積もればマウンテンで、オールウェイズ使えばいざというときにパッと出てくる。机にかじりついて単語を覚えるのが辛い、という方にはとてもお勧めです」

 ルー語は単語レベルの変換であり、文法や構文とは無縁なのも気楽なところだ。

「正確なグラマーで話そうと思うと言葉が出てこず、それが壁になりがちです。でも単語を変えるだけなら簡単。しかも、これでめっぽう通じる。とくに日本で暮らしていてある程度日本語のわかる外国人なら、パーフェクトに理解してくれます」

 

ルー語で学ぶオープンな英会話

 近年は街で外国人の姿を見かけることも多くなり、コミュニケーションのチャンスはさらに広がっている、とルー氏。

「日本に住む人や旅する人と、大いにトークすればいい。でも、日本人だけが頑張って英語を話す必要もない。あちらが片言の日本語で、こちらも部分的な英語で、お互い歩み寄ればわかりあえます。英会話ならぬ、ルー会話もいいかもしれません(笑)」

 良くないのは、上手に話せないからという理由で身構えてしまうことだと語る。

「問題は上手下手ではなく、そうした心の壁です。オリンピックイヤーも近づき、これからはさらに多くの外国人がやってくる。そのときはぜひ、日本人特有の引っ込み思案は捨ててほしい。下手でも堂々と話すこと、物おじせずオープンになること。それが言葉の技術よりもずっと大事な、インターナショナルなマインドなのだと思います」

 

取材・構成 林加愛 写真撮影 永井浩

『THE21』2016年2月号

著者紹介

ルー大柴(るー・おおしば)

俳優

1954年、東京都生まれ。77年、芸能界デビュー。89年、劇団「カンコンキンシアター」の旗揚げに参加。92年、ゴールデンアロー賞芸能新人賞受賞。その後も舞台・ドラマで活躍する一方、テレビ出演時やブログで披露される英語交じりの「ルー語」が人気に。書籍、かるた、ルー語変換アプリなど多方面に展開している。ルー語が満載の『きょうのルー語』も好評発売中!

THE21 購入

2022年2月号

The21 2022年2月号

発売日:2022年01月08日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「英語が続かない」悩みに答えます!

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)

東進ハイスクール・安河内哲也の 「話せる人」を目指す英語勉強法

安河内哲也(東進ハイスクール講師)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×