ホーム » THE21 » インタビュー » 本田宗一郎に人がついていく理由~「一番叱られた人」が語る!

本田宗一郎に人がついていく理由~「一番叱られた人」が語る!



2016年03月10日 公開

岩倉信弥(多摩美術大学名誉教授)

 

「鷹の顔のように」ーー方向性を一言で示す

 

もちろん、実現が難しそうなテーマを与えて、急き立てるだけでは、イノベーションは起こせない。本田氏は、目指すべき方向性を的確に見出し、それを一言で示すのが上手だった。

「たとえば、H1300クーペというクルマの前面のデザインを描いていたときには、『クルマの顔は、鷹が獲物を狙っているような鋭い目つきのキリッとした顔がいいんだよ』というアドバイスを受けました。そこで動物園に行ったり、野鳥図鑑を見たりして、鷹の顔を何枚もスケッチしているうちに、目の形がひし形なのと、その丸い目玉に鋭さの秘密がある、と気づいた。さらに、尖ったくちばしのイメージを加えてモデルにしたら、今までにない精悍な表情の車ができました」

「鷹の顔」というキーワードがあったことで、開発チームの間でも同じイメージが共有でき、仕事がスムーズに進められた。

「大勢の人を動かすためには、簡潔で共有しやすいイメージを示すことが重要、と学んだ。私も、何か伝えたいことがあれば、できるだけ簡潔でわかりやすい言葉(一口言葉)にまとめることを、常に心がけています」

最近は「ほめる」ことの重要性が言われるが、本田氏はほとんどほめない人だったという。

「ただ、良いものができると、こんなに喜んでもらえるのか、と思うくらい、嬉しそうな顔をされるんですよね。『君はできねえって言ったけど、できたじゃねえかよ!』と悪態をついたりして。すると、それまでの苦労がすべて報われる。そんな本田さんの顔が見たくて頑張っていたような気がします」

 

<『THE21』2016年4月号より>



著者紹介

岩倉信弥(いわくら・しんや)

多摩美術大学名誉教授/デザイン道場楽塾主宰

1939年、和歌山県生まれ。64 年、多摩美術大学卒業後、本田技研工業㈱入社。㈱本田技術研究所専務取締役、本田技研工業㈱常務取締役を歴任。日本発明表彰通産大臣賞、日本グッドデザイン大賞他受賞歴多数。立命館大学経営学博士。東京理科大学MOT客員教授。本田技研工業㈱社友。著書に、『本田宗一郎に一番叱られた男の本田語録』(三笠書房)、『1分間本田宗一郎』(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

THE21 購入

2021年8月号

The21 2021年8月号

発売日:2021年07月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

現代のグローバル経営者が語る、「往年の名経営の本当のすごさ」

徳重徹(Terra Motors社長)

名経営者たちから学ぶべきは「抽象化」の能力だ

楠木建(一橋大学大学院教授)

40代でターニングポイントを迎えた名経営者たち

THE21編集部

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×