ホーム » THE21 » トピックス » 業界別・あなたの仕事と働き方はこう変わる!

業界別・あなたの仕事と働き方はこう変わる!

2016年04月18日 公開

中原圭介(経済アナリスト) 渡邉正裕(ジャーナリスト)

総合商社

資源、食料は限界。新市場開拓が急務

バイオ関連市場は成長の可能性があるものの、資源・食糧の分野に成長は望めない。新しい市場の開拓が求められるが、いまだ及び腰な商社が多い。最近の総合商社は、投資家として参入する側面の事業が多く、ファンドとの競争にさらされるリスクも(中原)。

チャンスの多い職種。40代でも挑戦し続けろ!

世界中の市場が成長している現在、チャンスは多いにあり今後も成長し続ける。IT化、グローバル化は好機。40代であっても、挑戦し続けて損はない。たとえ、出世コースから外れたとしても、投資先の企業にそのまま残留し、楽しむのもありだ(渡邉)。

 

教育

次の一手が見えない混乱期に

2020年の大学入試改革を見据えて、教育産業は変革期に突入。大学は淘汰されないよう、カリキュラム編成や留学生受け入れ制度などといった改革を進めている。それに伴って、塾業界も教育内容をどうすべきか模索中。少子化もあり、大変動は必至だろう(中原)。

「トップクラス」とその他大勢の格差が広がる

人口減社会において市場は縮小。国内で過当競争するより、海外に日本の教育ノウハウを輸出すべき。また、今後は東進ハイスクールのサテライト授業のようなIT化が進む。そのため、トップクラスの講師や、海外事業を展開できる人材は生き残ることができる(渡邉)。

エネルギー >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

中原圭介(なかはら・けいすけ)

経済アナリスト

1970年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。経営・金融のコンサルタント会社、アセットベストパートナーズ㈱の経営アドバイザー。企業・金融機関への提言、執筆・セミナーで経営教育・経済教育の普及に従事。幅広い視点から経済や消費の動向を分析し、その予測の正確さには定評がある。『中原圭介の経済はこう動く 2016年版』(東洋経済新報社)など著書多数。

渡邉正裕(わたなべ・まさひろ)

ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長

1972年生まれ。慶應義塾大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2004年にMyNewsJapanを設立。同社代表取締役社長・編集長。綿密な取材で、日本の雇用・労働に関する問題に切り込む。代表作は『トヨタの闇』(ビジネス社、共著)、『10年後に食える仕事、食えない仕事』(東洋経済新報社)など著書多数。

関連記事

編集部のおすすめ

これから10年、伸びる業界・沈む業界

池上浩一(野村ホールディングス シニア・コミュニケーションズ・オフィサー)、渡邉正裕(ジャーナリスト/MyNewsJapan社長兼編集長)

「リポジション」を繰り返し、自分の引き出しを増やそう

出井伸之(元ソニー社長)

格差社会を生きる「貧乏クジ世代」の働き方

常見陽平(千葉商科大学専任講師)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。