ホーム » THE21 » トピックス » なぜ教育現場に「フィリピン人講師の授業」が広がっているのか

なぜ教育現場に「フィリピン人講師の授業」が広がっているのか

2016年06月13日 公開

藤岡頼光(QQイングリッシュ代表取締役)

日本の英語教育が変わりつつある

日本の英語教育が変わりつつある。単に読み書きができるだけではなく「聞く・話す」を含めた「4技能」が求められるようになっているのだ。だが、従来の学校教育では、「聞く・話す」能力を磨くには限界がある。

そこで注目されているのが「フィリピン人講師」なのだという。その理由はなぜか。フィリピンの可能性にいち早く目をつけ、7年前から事業を展開している藤岡頼光氏にお話をうかがった。

 

従来の教育では「マンツーマン」は不可能

2014年の有識者会議で「グローバル化に対応した英語教育改革5つの提言」がまとめられ、その中には「グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。アジアの中でトップクラスの英語力を目指す」と明確に書かれています。

そうした流れを受け、教育現場でも大きな変化が起こっています。2年前に教育要項が変わり、大学受験に英語の「4技能」が重要視されるようになったのです。いわゆる「読む」「書く」「聞く」「話す」です。

読む、書く、聞くは今までの英語教育でも問題ありませんが、「話す」能力を鍛えるためには話す相手が必要です。クラス40人の生徒が一斉に話しても聞くことができないですし、一人ずつ話した場合いくら時間があっても足りません。

その結果、現場で注目されてきたのが、フィリピン人によるマンツーマンレッスンです。

 

40歳でフィリピンに留学。そこで感じた可能性


QQEnglishが入居するビル外観

私は11年前の2005年に40歳という年齢ながら、ゼロから英語を学ぶためにフィリピンに生徒として語学留学をしました。

その当時は「オンライン英会話」という概念もなく、韓国人のために作った韓国系の語学学校しかありませんでした。しかし、さまざまな不自由さがありながらも、留学とスカイプの英会話を組み合わせて学ぶことで約10か月で英語が話せるようになり、フィリピン英語の無限大のポテンシャルを感じました。

そして2009年、既存の英会話学校とはまったく違う学校を作るべく、日本人として初めてフィリピンのセブ島で英会話学校「QQEnglish」を設立したのです。

それから7年という歳月を経て、現在では留学者数は年間約5000人、オンライン英会話は約1万人の人たちが学ぶフィリピン最大の英会話学校にまで成長しています。

以前はビジネスパーソンや年配の生徒が多かったのですが、最近は学校でも英語を話すための授業として、フィリピン英語の導入が次々と進んでいます。まさに日本で英語教育の革命が起こっていると言っても過言ではありません。

次のページ
「ネイティブではない」ことに価値がある >



著者紹介

藤岡頼光(ふじおか・らいこう)

QQイングリッシュ代表取締役

フィリピン・セブ島に拠点を置く、英会話学校QQイングリッシュを経営。約700人の教師が、年間5000人の語学留学生と1万人を超える世界中の 生徒にオンライン(スカイプ)で授業を提供。1992年バイク便のキュウ急便設立後、2000年バイクショップのコネクティング・ロッド設立。2005年 フィリピン・セブ島に留学後、2009年オンライン英会話事業のQQイングリッシュ開始。2010年に留学事業も開始。QQイングリッシュは現在、東京、 セブ、上海、ソウル、サンパウロ、テヘランで展開。

関連記事

編集部のおすすめ

アメリカンジョークで学ぶ 英語と英会話

大島希巳江(神奈川大学教授)

オールウェイズ!  ルー語で英語は楽しくなる

ルー大柴(俳優)

「英語が続かない」悩みに答えます!

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。