ホーム » THE21 » インタビュー » なぜ、「負の感情」に振り回されるのか?

なぜ、「負の感情」に振り回されるのか?



2016年12月06日 公開

枡野俊明 (曹洞宗徳雄山建功寺住職)

「無心」で組めば、不安や焦りは消え去る

ストレスフルな現代社会において、心の平静を保つことは難しい。失敗にとらわれ、将来に不安を感じ、他者に苛立ち、自分を責める──そうした感情を整理し、疲弊する心を解放する知恵が、「禅」の教えには満ちている。数々の著書を通してわかりやすく禅の思想を説く枡野俊明氏に、その極意をうかがった。

 

結果への「執着」が自分を苦しめる

 現代の日本企業は、目標を設定し、それを達成すべく社員を追い立てるシステムで動いています。そのため、与えられた目標を達成できなければ、自分を責めて自己嫌悪に陥ったり、無茶な目標を与えた上司に怒りを感じたりしてしまう。そんな負の感情に振り回される自分を「弱い人間だ」と感じてしまう人は少なくないでしょう。

 特定の事象や感情にとらわれてしまう心の働きを禅では「執着」と呼びます。

 たとえば、「目標を達成しよう」という向上心。向上心自体はいい感情なのですが、想いが暴走すれば、目標を達成できない自分へのいら立ちが募ってきます。すると、向上心は汚い手を使ってでも目標を達成したいという欲望にすり替わってしまいます。これではもう、結果に執着しているだけです。

 さらに欲望は膨らみ続け、もっと出世したい、もっと高価な品が欲しい……と、いつまでも「不満足」な状態が続きます。

 結果的に、感情の振れ幅が大きくなり、そのぶんだけ苦しみも大きくなってしまうのです。では、どうすれば感情をコントロールできるのか。それにはまず、「知足」を知ることです。今あるものに喜びを見出し、「これでよし」とするという教えで、苦しみから逃れるヒントになります。よりよいものを求め、情報や商品を比較検討することに慣れた現代人が見失いがちな視点ではないでしょうか。

次のページ
大切なのは、仕事を「自分の色にする」こと >



著者紹介

枡野俊明 (ますの・しゅんみょう)

曹洞宗徳雄山建功寺住職

1953 年、神奈川県生まれ。多摩川大学農学部卒業後、曹洞宗大本山總持寺で修行。庭園デザイナーとして国内外で活躍、2006年の「ニューズウィーク」誌で「世界が尊敬する日本人百人」に選ばれる。現在は曹洞宗徳雄山建功寺住職、多摩美術大学環境デザイン学科教授も務める。『禅、シンプル生活のすすめ』(三笠書房)ほか著書多数。

THE21 購入

2021年8月号

The21 2021年8月号

発売日:2021年07月09日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

『スッキリ!!』の敏腕リポーターが語る「強い自分の作り方」

阿部祐二(テレビリポーター)

ストレスを味方にする11の習慣

THE21編集部

人間関係に悩まないための「魔法の言葉」とは?

心屋仁之助(心理カウンセラー)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。

×