ホーム » THE21 » トピックス » なぜ、中堅社員ほど、やる気を失うのか?

なぜ、中堅社員ほど、やる気を失うのか?

2017年10月12日 公開

山本 寛(青山学院大学経営学部教授)

職場における「中だるみ」の原因とは!?

入社から10年、20年も経つと、良くも悪くも仕事がルーティン化し、毎日機械的に働いている人もいるのではないだろうか。そして、次第にやる気を失ってくる……。30代、40代の中堅社員が、職場でモチベーションを維持できない「中だるみ」状態になるのはなぜなのか、キャリアデザインの専門家である山本寛氏にうかがった。

 

なぜ中堅社員ほどやる気を失っているのか

 あなたの職場にも「中だるみ」に陥っている中堅社員はいないでしょうか。3、40代になってくると、仕事も同じようなことの繰り返しで、目標達成もほどほどで頑張りすぎなくていい、そんな“落としどころ”が見えてくるもの。こうしたマンネリ化はどんな職種であっても直面する問題です。

 だからといって、「本人のモチベーションの問題」のひと言で片づけてしまうのは誤りのもと。とくに最近の傾向として、組織の抱える問題が一因となって、やる気を失う中堅社員が増えているのです。

 組織側の原因は、いくつか考えられます。

 一つは、日本企業全体の傾向として、昇進が停滞していることが挙げられます。人材不足や長引く不況の影響もあり、課長や係長などのポジションをなくす「フラット化」を導入する企業も増えていますが、中には部長とヒラ社員しかいない職場もあります。さらに、管理職の平均年齢も上昇。10年以上のキャリアを積んでも、思うように昇進・昇給がかなわない社員が増えているのです。

 ポジション自体がないか、いつ空くかわからない状況では、“次のポジション”という目標が不明確なまま働き続けることになり、モチベーションが上がりません。また、昇進の機会がないと、会社員生活の中での区切りがつけにくく、これも仕事のマンネリ化につながってしまいます。

 さらに、近年、どの業界においても人材不足が深刻化しています。新入社員が入ってこないために、中堅になっても若手がやるような単純作業を担当せねばならず、ギリギリの人員で回すから、仕事量も増える一方。中堅社員側からすれば、毎日ヘトヘトになるまで働いても、成長や達成感といった手応えが一向に感じられない……。

 こうした職場要因が重なれば、次第にやる気を失っていくのも無理はありません。そうした報われなさが恒常化すれば、挑戦する心を失い、受け身になっていきがちです。

「自分の職場」以外を見ることが大切 >

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

山本 寛(やまもと・ひろし)

青山学院大学経営学部教授

1957年、神奈川県生まれ。79年、早稲田大学政治経済学部卒業後、銀行勤務、大学院などを経て、2003年より現職。メルボルン大学客員研究員歴任。専門は、人的資源管理論、キャリアデザイン論。著書に、『「中だるみ」社員の罠』(日経プレミアシリーズ)など。

関連記事

編集部のおすすめ

モチベーションを自在に引き出す20の方法とは?

「THE21」2017年10月号発売中!

つらい仕事も楽しみに変わる5つの方法

泉谷直木(アサヒグループホールディングス会長)

多様化するモチベーションをどう管理するか

小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)


アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。