ホーム » THE21 » トピックス » 40代からの「関節セルフケア」の勧め

40代からの「関節セルフケア」の勧め



2018年02月26日 公開

酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表)

神の手を持つ治療師が解説!

しつこい首や肩のコリ、慢性化した腰や膝の痛みをどうにかしたい! しかし、マッサージや整体に通っても、すぐにゴリゴリの身体に戻ってしまう……。こうした「身体のコリや痛み」は40代ビジネスマンのまさに職業病と言えるだろう。そんな悩みに対し、人体の構造に精通した酒井慎太郎氏に、なぜ、40代で関節にガタがくるのかを解説していただいた。

 

男性は「腰」女性は「首」の関節からダメになる

 人は関節から年をとる。これは、私が今までに首や肩、腰、ひざに不調を抱える何万人もの患者さんを診てきて得た結論です。とはいえ、関節の不調を訴えるのは、お年寄りばかりではありません。腰痛などで外来を訪れる人はむしろ、3~40代が最も多いのです。

 本人は自覚していないことが多いのですが、関節の衰えは二20代から始まります。クッションの役割を果たす椎間板が、20歳を境に徐々に弾力性を失い、固まっていくのです。

 それに加え、仕事で毎日同じ姿勢をとり続け、偏った身体の使い方をすることで、一部の筋肉が緊張し、余計に関節が固まっていきます。これが、関節の老化を加速させる原因です。その結果、働き盛りの3~40代で痛みが爆発します。

 これは、デスクワークや立ちっぱなしの仕事の人に限りません。私はスポーツ選手やミュージシャンの患者さんも多く診ていますが、それぞれの職業特有の身体の使い方による痛みや故障を抱えており、「背骨をみれば職業がわかる」と言えるほど、関節の諸症状と職業は密接に関わっているのです。

 さらに悪いことに、関節の不調は連鎖していきます。首や肩、腰、膝は全身の体重を分担して支えており、たとえば首が頭の重さを支えきれなくなれば、そのしわ寄せは腰やひざにやってくるのです。

 一般的に、男性は腰の不調から始まり、首やひざへと波及していくことが多く、女性は首の不調から腰、ひざへと進行していく傾向があります。男性の腰痛の原因はさまざまですが、女性の場合は筋肉が弱く、関節が柔らかいため、重い頭を支える首の関節からゆがみが生じることが多いのです。

 こうした連鎖を食い止めるには、日頃のセルフケアが欠かせません。さもなければ、無自覚のうちに蓄積した筋肉疲労や緊張が関節を老化させ、重大な病気すら引き起こしかねないでしょう。

 なお、男性はかなり症状が悪くなってからようやく病院に来る方が多く、女性に比べて身体も硬いので、リハビリに時間がかかる傾向にありますので注意しましょう。

次のページ
筋肉を鍛えるより、関節の柔軟性を >



著者紹介

酒井慎太郎(さかい・しんたろう)

さかいクリニックグループ代表

1970年生まれ。成蹊大学・呉竹学園卒業。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチー
ムの臨床スタッフとしての経験を活かし、関節痛やスポーツ障害の疾患を得意とする。
独自で考案した「関節包内矯正」で、約100万人もの関節痛を治してきた実績を持つ。千
葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』を始め、多くのメディアに出演。『酒井式 肩こり・腰痛が治る体の動かし方』(総合法令出版)など著書多数。

THE21 購入

2020年9月

The21 2020年9月

発売日:2020年08月07日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「60点」の健康習慣だから続く!

米井嘉一(同志社大学教授)

メンタルを安定させるメモ・手帳の使い方とは?

小林弘幸(順天堂大学教授)

知らないうちに進行する「あの病気のリスク」

森田 豊(医療ジャーナリスト)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。