ホーム » THE21 » トピックス » 40代から健康寿命を伸ばす「3つの習慣」

40代から健康寿命を伸ばす「3つの習慣」

2018年03月23日 公開

満尾 正(満尾クリニック院長)

簡単に体調がわかる「3つのチェック」とは?

 そこで、まずは自分の現在の健康状態を把握しましょう。そのためには、健康診断や人間ドックに行かなくては……と考えるのは早計。大まかな体調ならば、自分で十分確認できます。

 具体的には、毎朝起きた直後に、次の3つをチェックしましょう。

 1つ目は、目覚めた直後の心拍数。スマートフォンのアプリを使えば簡単に計測できます。個人差はありますが、成人の場合、男性なら 65~75、女性なら 70~80が正常値とされています。これを毎朝計ります。いつもより心拍数が高いとしたら、それは疲労が溜まっている証拠です。

 2つ目は、尿のpH値です。朝一番の尿をpH試験紙でチェックし、酸性かアルカリ性かを確かめましょう。望ましいのは6.5~7.5の範囲。暴飲暴食した翌朝は、5~6近辺の酸性に、逆に、野菜をしっかり摂った翌日にはアルカリ性に寄ります。なお、市販の試験紙は、pH5.0~8.0程度の範囲で測定できるものを選んでください。

 3つ目は舌の状態です。洗顔時に鏡で舌を見て、薄い赤色なら心配ナシ。白いカビのような「舌苔」がびっしりついていたら、消化管のコンディションが乱れていると考えられます。

 舌のチェックと同時に「タングスクレーパー(舌みがき)」を使って口内の清潔を保つと、なお良いでしょう。

 3つのチェックは、毎朝の習慣にすることが大事。毎日続けることで、小さな変化にも気づきやすくなります。

「おおざっぱでOK」が習慣化のコツ

 自分の状態がつかめたら、普段の生活の見直しをしましょう。その柱は3つあります。「心」「食」「動」、すなわち心を明るく保つこと、食事の内容と量に配慮すること、そして適度な運動を行なうことです。

「忙しい生活では、とてもそこまでできない」「ストレスフルな毎日なのに、心を明るく保つなんて無理!」──といった声が聞こえてきそうですが、これらは意外に簡単に実践できます。

 たとえばストレスは、睡眠を改善するだけでも大幅に軽減できます。たとえば早寝早起きの「朝型生活」に切り替えれば通勤ラッシュも避けられ、静かなオフィスで仕事に専心できるなど、ストレスフリーかつ効率的な時間の使い方が可能となります。

 「食」に関しては、内容よりも量がポイント。生活習慣病の原因は一言で言うと「食べ過ぎ」ですから、腹八分目を心がける、食べたくないときには一食抜く、といった工夫が有効です。

 運動に関しては、歩くのが一番です。歩く量を増やす、慣れてきたら速足で歩く、といったシンプルな方法なら、時間のない人でもできるでしょう。

 このように、健康習慣はほんの少しの工夫でOK。あくまで「おおざっぱ」にやるからこそ長続きし、結果として健康の維持につながるのです。

 

『THE21』2018年1月号

 

取材構成 林 加愛



著者紹介

満尾 正(みつお・ただし)

満尾クリニック院長

1957年、神奈川県生まれ。82年、北海道大学医学部卒業。杏林大学救急医学教室講師、ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授を経て、2002年に満尾クリニックを開設。キレーション治療、アンチエイジング医療に携わる。日本キレーション協会代表、日本抗加齢医学会評議員、米国先端医療学会理事。近著『ウォーキングだけで老けない体をつくる』(宝島社)。

THE21 購入

2020年1月号

The21 2020年1月号

発売日:2019年12月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「60点」の健康習慣だから続く!

米井嘉一(同志社大学教授)

「仕事より健康優先」がハイパフォーマンスを実現する

熊谷正寿(GMOインターネットグループ代表)

40歳を超えたら、運動は「8,000歩/20分」のウォーキングで十分

青栁幸利(医学博士)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
DRAGON JAPAN 龍の日

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。