ホーム » THE21 » トピックス » 裁量ゼロ!あまりに大きい労使間ギャップ(南アフリカ2)

裁量ゼロ!あまりに大きい労使間ギャップ(南アフリカ2)



2018年03月05日 公開

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(31)石澤義裕(デザイナー)

奇妙な設計と、愛のない仕事の合わせ技


裕福な家庭の女子高生。なぜか勉強は庭の芝生の上。

ドアなしトイレの邸宅は、いまだ工事中。
毎日、黒人の職人さんが細かな仕上げにかかっていますが、その真面目な働きぶりほど、細部に神が宿っていません。

多くの建築家が一度は頭に浮かぶけど常識的に実行できないドアなしトイレは、イグ・ノーベル賞をいただきたい偉業ですが、そんなことは一切関係ない職人たち。

いつものように、重箱の隅には手をかけない愛のないクオリティです。
完成前にして、問題が噴出しています。

すでに開きにくくなった、歪んだドア。

作風かと思うくらい、自由奔放なペンキの塗りムラ。

大きく欠けたコンクリート。崩れたブロック。

新進気鋭の邸宅は、心のこもらない工事により、生まれる前から日々壊れています。

 

職人の裁量は限りなくゼロ

昨日から、巾木(はばき)を取り付けています。
そのうしろ姿は、1ミリの誤差も許さないといった気概が背中にみなぎっていますが、よくよく観察すると、壁の凸凹を無視して糊付け。

これはしかし職人の性格が大雑把というより、親方の指示がない限り、たとえそれがどんなに正しい行為であっても勝手は許されないといった、ゼロ裁量労働制によるものに違いありませんし、かれらにとっては、品質の向上という言葉は、美味しいかどうかすらもわからないのです。

貼り付けた瞬間から斜めになっていた巾木は、翌日剥がれ落ちてました。

モダンに追いつく技術なしというか、デザインを活かす心なしというか、邪心に満ちた設計を汲み取る気のない職人。
ピアノの鍵盤のようには補い合うことのない、エボニー&アイボリーです。

次のページ
問題は「二重構造」にあり? >



著者紹介

石澤義裕(いしざわ・よしひろ)

デザイナー

1965年、北海道旭川市生まれ。札幌で育ち、東京で大人になる。新宿にてデザイナーとして活動後、2005年4月より夫婦で世界一周中。生活費を稼ぎながら旅を続ける、ワーキング・パッカー。

THE21 購入

2020年8月

The21 2020年8月

発売日:2020年07月10日
価格(税込):700円

関連記事

編集部のおすすめ

「欧米の香り」と「修羅の国」が隣り合わせ!?(南アフリカ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(30)石澤義裕(デザイナー)

高学歴王子の国に迫る「シマウマ化」の危機(ボツワナ)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち(29)石澤義裕(デザイナー)

<連載>世界の「残念な」ビジネスマンたち

石澤義裕(ワーキング・パッカー)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。