ホーム » THE21 » トピックス » 40代にとって他人事じゃない「三江線廃止」

40代にとって他人事じゃない「三江線廃止」

2018年03月10日 公開

THE21編集部

そして満員となった三江線

そして、廃線が決定したことで三江線に乗る人はぐんと増えた。こうした光景は先日廃線となった江差線や留萌本線(留萌―増毛間)などでも、これまでにも何度も見られた光景だ。そうした人たちを揶揄した「葬式鉄」などという言葉もあるそうだが、それでも、満員で走る三江線を見ると、同い年として誇らしい。

なかなかに難儀な人生を経てきた三江線と今の40代だが、唯一違うのは、我々の40年はその半分がモラトリアムだが、三江線はその間ずっと、来る日も来る日も働き続けたこと。

というわけで、シンパシーを感じつつも、三江線に比べたら40代の苦労などまだまだひよっこ。今後も頑張らねばとも思ってしまう。

そして同級生・三江線に改めて「お疲れ様」を。


駅にはこうしたノートが置かれ、訪問者がそれぞれの思いを書き込んでいる。

(執筆:「THE21」編集部、吉村健太郎)



関連記事

編集部のおすすめ

「鉄道好き」ではないからこそ、世界に誇る列車が生まれた

唐池恒二(JR九州会長)

世界を股にかける「レアメタル王」の出張術とは?

中村繁夫(アドバンスト マテリアル ジャパン社長)

中国人に勝ちたいなら「稟議」を廃止せよ

白井 良(ソーシャルマン代表取締役)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

アクセスランキング

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

話題のビジネス・スキルをやさしく解説するとともに、第一線で活躍しているビジネスパーソンの
プロのノウハウを紹介するなど、「いますぐ使える仕事術」が満載されています。